就職活動における学校推薦の意義とは | 新卒就活.com

2016/09/07更新

就職活動における学校推薦の意義とは

就職活動の方法の一つとして学校推薦というものがあります。
普通の就職活動を自由応募といいますが、そう考えると学校推薦は特質的なものですよね。
学校推薦による就職活動の流れ、そのメリット・デメリットを紹介しますので、就職活動中の方、もうすぐ始めるという方はぜひ参考にして下さい。

学校推薦とはどのようなもの?

team-386673_640
学校推薦とは簡単に言えば、就職活動において学校に推薦状を書いてもらうことです。
一方、様々な企業に対して自分が応募して行う就職活動の形態を自由応募と呼びます。
この学校推薦は自由応募と比較して面接や試験が少ないところに特徴があります。

~自由応募と比較して面接や試験が少ない!内定のカギとなるのが事前面談~

また一般的な就職活動よりも、企業への内定率が高いことが挙げられます。
内定への近道がこの学校推薦による就職活動と言えるでしょう。
この就職活動で内定への鍵となるのが、事前面談です。
事前面談とは、公式な面接選考の前に行われる非公式な面接のことを指します。
しかし非公式といっても、本番における面接よりも重要だと言っても過言ではありません。
このように学校推薦を得られれば就職活動を有利に進めることができます。

学校推薦を得るためには??

ここで気になるのは、どのようにすれば就職活動において学校推薦を得ることができるのか?ということでしょう。
まず覚えてもらいたいことは、学校推薦は企業と学校の信頼関係に基づいて行われるものだということです。
企業はその学校の生徒や教員を信頼し、推薦される生徒が優秀であると判断しているわけです。

~一定以上の水準がある成績と課外活動や部活動での好成績が必要~

つまり推薦を得るためには、まず学校の成績が一定以上の水準にあることが必要です。
学校側も企業からの信頼を壊したくないので、やはり優秀な生徒を推薦します。
企業によって推薦の基準は様々ですが、やはり大企業の推薦を勝ち取るとなると良い成績を修める必要があります。
また学業だけでなく、課外活動の実績も考慮されます。ボランティア活動へ積極的に参加していること、あるいは部活動で好成績を収めていることなどが学校推薦を得る上で大切になってきます。

就職活動において推薦を得るのは簡単なことではありません。日頃の努力の積み重ねが、推薦を得ることへ導いてくれるのです。

学校推薦のデメリットとは??

学校推薦の良い部分ばかり紹介してきましたが、いい面もあれば悪い面もあります。
それは就職活動の選択肢の幅が狭くなってしまうことです。
一般的には学校推薦によって内定が決まれば、その内定を辞退することができません。
自由応募ならば内定を辞退することは本人の自由ですが、推薦とあっては辞退できません。

~推薦を貰えるのは1者のみ!内定辞退も不可能!~

また本人の意向を聞いた上で、第一希望の企業の推薦しか得られません。
つまり複数の企業の推薦をもらえるというわけではないのです。この意味で就職活動の選択肢が狭まってくるのです。
まだ希望の進路が定まっておらず、別の分野に興味が出てくるかもしれない……そんな方には学校推薦は向いていないかもしれません。

就職活動における学校推薦は選択肢が限られている!進路が定まっている人にはオススメ

このように学校推薦にはメリット・デメリット両方存在します。
メリットは内定を貰える確率が、自由応募に比べて高いこと。また、就活を後押ししてくれる学校という心強い味方が付いています。
一方デメリットは、内定を辞退できないということ。さらに推薦を貰えるのは1社のみというリスクがあります。
しかしやはり就職活動において学校の推薦を得ることはとても心強い味方になります。
推薦を得て就職活動を行いたい!そうお考えの方は、まずは学校内外での自分磨きに努めていきましょう。