就職活動における学歴フィルターとは | 新卒就活.com

2016/09/20更新

就職活動における学歴フィルターとは

就職活動は自分の将来を決めるための重要な活動だといえます。
そのため企業選びも非常に重要ですが、就活生が企業を選べるように企業側も人材を選択する自由があるといえます。
それに利用されるのが学歴フィルターと呼ばれるもので、学歴フィルターにより企業はより良い人材のみを選択している場合もあります。

学歴フィルターとはそもそも何か?

1024-cc-library010001288
就職活動は自由に行なえるものだと考えている学生も多いと思います。
ですが、実際には大手企業や人気企業の場合、その倍率も非常に高くエントリーする学生の数も膨大なものとなります。
そうなると大手企業や人気企業では採用選考に非常に時間と手間を取られてしまうため、ある一定の設定ラインを設けてそれにそぐわないエントリーに関しては書類審査の時点で全て落とすという形を取っているといわれています。

●学歴フィルターは選考対象を絞りこむための手段!

それが学歴フィルターと呼ばれる一定の学歴以下の人は採用しないという企業独自のボーダーラインです。
企業が決めた学歴が無い場合はその企業への就職は非常に難しいということになります。

これは企業側が出来るだけ優秀な人材を確保するために行なっていることで、学歴による就職活動での差別という声も多いですが、選考対象を絞り込むための区別ともいえますので学歴フィルター自体が悪いとも言い切れない部分があります。

学歴フィルターを導入する目的とは?

なぜ企業側が就職活動で学歴フィルターを導入するのかといえば、高学歴=能力の高い人材であるという認識のためです。
実際に高学歴の学生は採用テストでも高得点をたたき出す場合が多く、学歴フィルターで設定した学校と比べた場合でもその成績は大きく差が開いているといわれています。

●採用の効率化と優秀な人材を確保するため!

そのため企業側も採用の効率化と能力値の高い人材を確保するために学歴フィルターの導入を就職活動で行っていると言えます。
学歴フィルターがある企業の場合、その企業の役員などの出身校をみればすぐに学歴フィルターが導入されているかどうかが分かりますから、それを目安にして就職活動で学歴フィルターが導入されていない企業を選択することも必要となってくる場合があります。

就職活動で学歴フィルターを乗り越える方法とは?

就職活動で学歴フィルターがある企業にその気順に満たない学校の生徒が就職することは不可能なのでしょうか。
これは決してそんなことは無く、学歴フィルターがある場合その基準を満たしている学生が少しだけリードした場所からスタートしていると考えたほうがよいといえます。

●長期のインターンシップなどに参加して成果を残すことが重要!

なぜなら、学歴フィルターを通過できない学校の生徒でも非常に能力の高い優れた学生は多数いますし、その学生を採用することもあるからです。
ではどうやって採用までこぎ着けるかといえば、やはり自分の能力を企業にアピールすることが重要となります。
そのため企業説明会やインターンシップなどに率先して参加し顔を覚えてもらうことや、長期インターンシップで良い成果を挙げて自分の能力を認めてもらうという努力が必要になるといえます。

就職活動における学歴フィルターは実績を残せば乗り越えることが可能!

就職活動で学歴フィルターがある企業への入社は非常に困難だといえます。
しかし100%採用されないというわけではありませんし、自分の頑張り次第では学歴フィルターを乗り越えることも不可能ではありません。
どうしても学歴フィルターのある企業への就職を希望するのであれば、インターンシップに参加するなどそれ相応の努力を行なうようにしましょう。