就職活動にリクルートスーツが必要な理由とは | 新卒就活.com

2016/08/25更新

就職活動にリクルートスーツが必要な理由とは

何故面接はリクルートスーツなのか?
“アルバイトの面接は私服でいいのに、正社員の面接は何故リクルートスーツではないとダメなのか?就職活動する際に、誰しも抱く疑問ですよね?
「リクルートスーツは面倒だ。没個性だ。会社は就活生を型にハメて飼い慣らそうとしている。」声には出さずとも、そんな不満も就職活動では必ず持ちますよね?
特に就活生はスーツを着馴れていないので、反射的にスーツに対する嫌悪感を覚えるものでしょう。
その不満や疑問はもっともです。
会社の多くは社員に面倒なことを押しつけ、没個性を強制し、飼い慣らそうとしています。
大切なのは、「何故それが社会でまかり通っていて、リクルートスーツが面接の場で強制されているのか?」に対する真の理由です。
ここでは、それについて簡潔に説明します。”
面接の本当の狙いは「通過儀礼」
“リクルートスーツを着るのは「TPOだから」と言う理由ももちろんあります。けれど、それだけではありません。
就職活動生にリクルートスーツを着させるのは、面接の本当の狙いが、「会社が用意した通過儀礼に就活生が対応できるかどうか?」を見ることにあるからです。面接とは、学校と言う世界を生きてきた就職活動生たちを、自分たちが生きるビジネスの世界の仲間として迎え入れるための通過儀礼でもあり、チェック機構でもあるのです。
だから、「リクルートスーツをきちんと着こなせない」、「だらしない」、「マナー通りに着る気のない」、そういう者たちは、たとて個性的であり、能力が高いとしても、社会への適応性が低いと見なされ、「足切り」の対象とされるのです。
「ビジネスの世界に本気で来る覚悟がない」と会社に判断されてしまうのです。”
面接では個性は必要ないのか?
“では、面接には個性は求められないのか?もちろんそんなことはありません。
まず、リクルートスーツと言う「通過儀礼」によって、社会への適応力が一定基準を上回っているかどうかを見極めます。その上で、通過儀礼に合格した就職活動生の個性を、対話のなかでじっくりと確かめます。それが本来の就職面接なのです。
もう一度言いますが、リクルートスーツを通じて判断されるのは、「個性」ではなく「社会への適応力」と「ビジネスの世界で生きる覚悟」なのです。そのため、アルバイトは私服でよくて、正社員にはリクルートスーツが求められるのです。
面接を「社会人の世界に踏み出す大事な儀式」として捉えてみてください。そうすることによって、リクルートスーツに対する意識や価値観も自然と変わってくるでしょう。

“リクルートスーツが必要な理由 まとめ
“どうでしたか?以上をもちまして、就職活動にリクルートスーツが必要な理由についての簡潔な説明を終わりにします。
最後に、上記の内容をまとめたものを箇条書きで記します。これさえ押さえておけば、大抵の面接は受かることができるでしょう!就職面接の際に役立ててください!

1、面接は、「社会への適応力」、「ビジネス世界で生きる覚悟」を見るための「通過儀礼」

2、「通過儀礼」に合格するには、リクルートスーツをきちんと着こなすこと

3、面接で個性が評価されるのは、社会への適応力を見るための「通過儀礼」に合格してから

みなさんの就職活動が成功することを心より願っています!とにかくリクルートスーツはちゃんと着こなしましょうね!