就職活動の段階ごとに必要な対策について | 新卒就活.com

2016/09/20更新

就職活動の段階ごとに必要な対策について

ここでは就職活動の段階ごとに必要な対策について紹介します。
就職活動は、ただ漠然と「大企業に入れればいい」「有名な企業に入れればいい」といった考えで行動するのではなく、それぞれの採用段階で、しっかりとした対策を持って進めていかなくてはいけません。
その対策とはいったいどんなことでしょう。

就職活動対策1,自己分析で適性を考える

就職活動中に行う自己分析というのは、自分の性格や価値観、能力をしっかりと把握したうえで、自分はどんな業種のどんな職種に向いているのかを分析する作業のことを指します

~本格的に選考が始まる前に済ませておこう!~

この自己分析は、のちの応募書類対策や面接対策にも密接につながってくるため、なるべく早い段階に作業をすすめておきたいところです。
自己分析に完璧はないため、就職活動中でも何度も何度もブラッシュアップしていくことが望ましいのです。
しかし各社の採用活動が本格化する頃にようやく自己分析をスタートしてしまうと、応募書類作りや面接対策など、するべきことがたくさありすぎて、あいまいな自己分析しかできなくなってしまいます。
ですので、なるべく早い段階で行なうことをおススメします。

就職活動対策2,応募書類はケアレスミスに注意!

就職活動で必要な書類というのは、主に履歴書と各企業のエントリーシートとなります。
履歴書は誤字・脱字、西暦、和暦などの間違いを徹底してなくすことが基本中の基本です。様式や用紙、手書きかパソコン作成かなどといったことは、各企業の求め方が違うため、応募の際には必ず提出条件などを確認されることを勧めます。

~エントリーシートのフリースペースは自己PRに使おう!~

また、エントリーシートの場合、フリースペースをいかに使うかに対策が必要です。
このフリースペースは空欄にして提出することなく、自己PR欄として積極的に使いましょう
就職活動を通して、上記のような自己分析からつかんだ自身の特徴や強みを、イラストや写真も交えてあらゆる角度から企業にPRすることが対策となってきます。

就職活動対策3,面接は筋道を立てて説明すること

就職活動において、各企業からの面接で必ず聞かれることは、自己PR、志望動機といったことです。
各社、その業種によっても質問は大きく異なるため、一概に対策といってもいろいろありますが。
質問は大きく分けると過去・現在・未来に関して聞かれます。

~過去から学んだ経験や得られた結果・将来のキャリアプランを考えておくこと~

過去の出来事や現在起こっている出来事を説明するのは比較的、簡単なことですが、その出来事から何を学び、どう自分の強みを通して、どんな結果を生み出しかどうかを採用担当者は聞きたいのです。
ですので、話の筋道を立ててきちんと説明するようにしましょう。
そして、就職活動で意外と対策に曖昧となるのが未来の話で、将来的に企業にどう貢献したいのかをなるべく具体的に答えられるようにしておきましょう。

就職活動に必要な対策は事前準備!自己分析や企業研究は徹底的に行うこと!

以上、就職活動の段階ごとに必要な対策について紹介します。
このように、就職活動の各段階において、それぞれ行なうべき対策は違います。
ですが自分の価値とはどんなことで、どのように企業に伝えていくかを考えることはすべていっしょです。
これだけ、自分自身に対峙できる時間というのは大変貴重なので、ぜひともじっくり考え、頑張ってください。