就職活動の適性試験の問題内容と対策法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

就職活動の適性試験の問題内容と対策法

就職活動の適性試験の問題内容と対策法をお教えします。就活生は必ず知っておきたい就職活動の適性試験の問題内容と対策法。

ここを知っていないと、内定奪取したくても出来ないものです。

ぜひ、この機会に就職活動の適性試験の問題内容と対策法を押さえておきましょう。

就職活動中の適性試験の内容と検査実施の目的

browsing-15824_1280

就活を進めていくなかで今後何度も受ける事になるのが適性試験です。

では、適性試験とは具体的にどのようなもので、その実施の目的は何なのでしょうか?

~性格検査と能力検査に分かれる~

適性試験の問題は性格検査と能力検査という2つの内容に分かれます。

能力検査だけが実施されるという事は少なく、性格検査のみの実施もしくは性格検査+能力検査という形式で実施される事が大半になります。

性格検査の目的は面接だけでは測る事が出来ない就活生の性格をテストという形で把握しようというものです。

また、能力検査の問題は就活生の一般常識・論理的思考力、発想力等を図ることを目的としています。これらの能力を図る事で募集職種に必要な知識や能力が備わっているかを把握する事を目的として実施されます。

就職活動における代表的な適性試験の実施内容

就職活動の中で使われる適性試験の中で最も有名でかつ実際に使われている試験というとSPIという適性試験があげられます。

内容としては性格テストと能力テスト(受験でいう国語や算数のような問題)の2つを組み合わせて実施される試験になります。

性格テストに関してはテストの問題への回答を通して、就活生の考え方や人間性を明らかにすることを目的として実施されています。

~回答項目の中には必ず嘘が含まれている!!不合格になる可能性も!!~

注意点としては回答項目の中に嘘を見つけるための質問が含まれているという事です。例えば、「あなたは生まれてからこれまで嘘を一度もついた事がありませんか?」といったような質問が含まれており、このような質問に「はい」と回答した場合は、回答が虚偽であると判断されほぼ確実に不合格になります。

それ以外については「あなたは引っ込み事案ですか?」とか、「あなたは物事を直感的に判断するタイプですか」等の問いに対して、「はい」もしくは「いいえ」で回答するというものになります。

そして、能力テストについては高得点を取得するほど採用の可能性が高まります。企業がこの能力テストの結果を足切りに使用するケースが多いからです。

就職活動における性格検査の対策法

まず、適性試験の性格検査の対策法についてです。

適性試験の性格検査の対策については絶対に虚偽の回答をしない事をまず意識して下さい。

自分をよく見せようという意識が働きすぎて、「あなたは生まれてからこれまで嘘を一度もついた事がありませんか?」のような質問に「はい」と回答しないように注意しましょう。

~性格検査は回答に一貫性を持たせること~

あとは回答に一貫性を保つようにしましょう。

例えば、始めの質問で「引っ込み事案である」という質問に「はい」と回答したのに、後半の「自分は人前で意見をはっきり言う方だ」という質問に「はい」と回答した場合は、回答に一貫性がないと判断される可能性があります。

就職活動における能力検査の対策法

適性試験の能力検査については書店にいけばSPI対策の参考書がたくさん並んでいます。内容はほぼ同じなので、自分に合うと思った参考書を1冊購入して下さい。

~能力検査は苦手分野を繰り返し解こう!!~

一通り回答して、自分の得意分野と苦手分野が把握出来たら、苦手分野の問題は繰り返し回答して下さい。

実際のSPIの試験はかなりの問題数があるので、短時間で問題に回答できるようになることを意識して問題集を繰り返し解いて下さい。

適性試験は就職活動における第一関門!!足切りとして使われるケースが多い

適性試験については就職活動で面接に進む前段階の足切りとして使われるケースがほとんどです。

面接については人によって向き・不向きがあったり、面接当日の面接官との相性や用意されている質問の内容によって、かなり合否が左右されてしまう部分があり、確実に合格するような対策をしていくというのは難しい部分があります。

しかし、適性試験の問題についてはしっかり問題集を解くなどして準備しておけば十分に足切りに引っかからないようにする事は可能です。

就職活動の本番は面接です。

適性試験の実施については、適性試験の準備程度の事をしてこない学生には面接を受けさせないよという企業の意思表示です。

ぜひ面接まで進むためにも、自分自身で準備する事が出来る適性試験についてはしっかり準備をすすめておくようにしましょう。