就職活動履歴書志望動機の書き方まとめ | 新卒就活.com

2016/09/09更新

就職活動履歴書志望動機の書き方まとめ

就職活動履歴書志望動機の書き方をまとめました。就職活動履歴書志望動機の書き方がわからない就活生も多いのではないでしょうか。ぜひ就職活動履歴書志望動機の書き方を押さえて、今後の就職活動をスムーズに進めましょう。就職活動生には必見のページです。

就職活動履歴書志望動機の書き方

puzzle-654957_1280
春のインターンシップも終わりこれから本格化していく就職活動ですが、避けては通れないのが就職活動履歴書志望動機を書くことです。
そして履歴書を書くにあたって、まずは履歴書が何のために存在するのかを知りましょう。合わせて就職活動履歴書志望動機の書き方をご紹介します。

~履歴書は企業とのファーストコンタクト!!必ず手書きで書こう~

まず履歴書とは、ただ単にあなたの学歴や志望動機を書くものではありません。
履歴書とは企業の使用担当とあなたとファーストコンタクトとなっています。そのためしっかりと気を使って書く必要があります。
履歴書はもちろんPC作成ではなく、手書きで書きましょう。

就職活動履歴書志望動機の書き方をご紹介!

ここでは就職活動履歴書志望動機の書き方をご紹介します。
まず大切なのは、自分がいかに企業に対して働く意欲を持っているかと、どんな形で企業に貢献できるかを伝えることが大切です。
はじめに自分が企業の事業内容や経営理念に対し共感したこと等を書きましょう。

~過去の経験と共感した事柄を述べて一緒に働くことをイメージさせよう~

その次に、自分の過去の体験とその共感したことをつなぎ合わせます。
最後に自分のどういったと部分が企業に貢献できるのかを述べます。
これが基本的な就職活動履歴書志望動機の書き方です。
志望動機はいかに採用担当に自分が企業で働いているとことをイメージさせた人の価値なのです。

就職活動履歴書志望動機の例文とは

ここでは就職活動履歴書志望動機の例文をご紹介します。

私は貴社の、商品の開発から販売に至るまでの全ての工程で顧客目線を意識しているという点に共感いたしました。
なぜなら、私自身アルバイトの経験を通じて、顧客の満足度がそのまま売り上げへとつながっていることを実感したからです。
そのため私は顧客の満足度を意識して、お店の新メニュー開発等の提案を出し、売り上げ10%増に貢献しました。
私の顧客のニーズをキャッチする強みを、貴社の新顧客開拓の事業に活かせたらと思い志望させていただきました。

就職活動履歴書志望動機において必要なのは多少の誇張!!

今回は就職活動履歴書志望動機の書き方についてご紹介しました。
以上のことを踏まえて最後にお伝えしたいのが、就職活動履歴書志望動機を書くときは多少の誇張は必要です。
例えば例文を参考にすると、実際に上がった売り上げが5%でも志望動機では10%といったり多少誇張するのです。
だめなようにも思えますが誇張をすることは社会人にとって日常茶飯事なので、求められる能力といえます。

絶対にしてはいけないのが嘘をつくことです。
これは誇張とは違い、後々自分の首を絞める結果になります。
今回ご紹介したことをしっかりとおさえて、志望動機作りに取り掛かりましょう。