就職説明会とは?就活生が知っておくべき常識について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職説明会とは?就活生が知っておくべき常識について

就職説明会という言葉を耳にしたことがある学生も多いと思います。
就活が始まる前はわからないことだらけ。就職説明会と言われても参加するべきなのか、しなくても大丈夫なのか。
非常に判断しずらいですね。
そんな就活を控えた学生に知ってもらいたい就職説明会についてご紹介います。

就職説明会とは3つの種類がある

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
就職説明会とは何でしょうか。
「就職説明会」という名前以外に、「合同就職セミナー」「合同企業説明会」「就職フェア」など様々な名前がありますが、
まずその内容から大きく3種類に分けることができます。

●就職情報会社が主催するもの
●同業種の企業が集まって主催するもの
●一つの企業が主催で行うもの

就職情報会社が主催する就職説明会とは、複数の企業が参加し、それぞれの人事担当者などが説明をするという形です。
企業の採用広報が解禁になった以降、定期的に行われます。
同業種の企業が集まって主催するものは、その業界への理解を深めたり、今後求められる人材像を知ることができます。
一つの企業が主催で行うものは、その企業の説明、求める人材などの説明ですが、参加者からの質疑応答などが盛り込まれていることが多くあります。
また、個性的にアトラクションのように見せる形をとる企業や、説明会後に、面接や試験などの選考を行う場合もあります。

就職説明会にはどのように参加するのか?

就職説明会とはという事がざっくりとわかったところで、どのように参加すればいいのか?と思いますね。
まずは、情報を得なければ申し込みもできませんから、次の事に気を付けておきましょう。

●就職情報誌、サイトを見る
●志望の企業の最新情報をチェックする
●大学のキャリアセンターなどの情報をチェックする
●友人と情報交換をする

やはり就職説明会とは主催者が発信する最新情報を常にチェックしておく事が大切です。
自身の志望である企業が出展や主催している説明会も見つけられる可能性がぐんと上がります。
また、大学のキャリアセンターなどで志望する企業に先輩がいないか確認するのも良いでしょう。

~主催者が発信する最新情報を常にチェックしておくこと!~

そして、意外と頼りになるのが、友人からの情報です。一人で活動する範囲は限られてしまいます。
お互いに情報を交換し合えば、思わぬ発見もあるかもしれません。ただ、噂はサイトなど最新情報で確認するようにしましょう。

就職説明会の参加前に準備にすべきものとは?

さて、就職説明会とはどのようなものか、またどのように情報を得れば良いかイメージはできましたでしょうか。
では、実際に参加する前に何か準備は必要なのかということです。
まず、志望の企業、業種の予備知識は入れておきましょう。
サイトを見る、資料請求をする、企業であればブログなどから社長のポリシーなども読んでおくに越したことはありません。
そうすることで、質疑応答のチャンスの時に的確な質問ができるでしょう。

~履歴書をあらかじめ作成しておき持参していくこと!~

また、合同説明会といえど、簡単な面接やエントリーシートの記入をする場合もありますので、念のため履歴書などを持参しておくことをおすすめします。
そして、就職説明会とは、なんといっても企業の担当者と初めて顔を合わせる場所です。
身だしなみはきちんと整えること、時間にも遅れることがないよう気を付けましょう。
説明会の会場では、携帯電話の着信音にも気を配っておきましょう。

就職説明会とは企業の担当者と初めて顔を合わせる場所!身だしなみには要注意

いかがでしたでしょうか。
就職説明会とは、あなたの今後の社会生活の第一歩と言えるでしょう。
されど、まだはじめの一歩だけとも言えます。
ただ参加するだけではなく、志望の企業の採用スケジュールを確認するなど、自身でアクションを起こし続けなければなりません。
ぜひ就職説明会が有意義になるよう利用し、就職活動に役立ててくださいね。