就職講座の適切な見つけ方とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

就職講座の適切な見つけ方とは

就職は人生の中で大きな関門になりますが、そのための対策として就職講座も数多く開かれています。
大学主催の講座はもとより、ビジネススクールが主催するものや自治体が主催するものまで様々です。
ここではそれぞれの特色と、講座の基本の特色を解説します。

就職講座の基本について

conference-table-593355_640
就職講座は、就職にあたって必要なスキルの説明や、近年の就職市場の傾向の分析から始まることが多くなっています。
就職活動に当たってもどんな人材が好まれているかと言ったニーズやトレンドを掴むことは重要な事です。続いて、就職においてすべての基礎となる自己分析、ビジネススキルの基礎、履歴書などの書き方のコツ、模擬面接やグループディスカッションなどが行われます。
就職講座はこれらの全て、あるいは一連の流れを学んでいく形になります。

●就職に関する総合的な対策ができる!

部分部分の対策講座、例えば面接やビジネススキルに特化した講座もありますが、やはり全体の流れをつかめることは大きなメリットです。
重点的に学びたい部分があっても、総合的な講座を受講後に個別講座を検討したほうが学習効率は上がるのです。

大学の就職講座について

就職講座には大学などが学生向けに行うもの、自治体等が無料で主催するもの、ビジネススクールが有料で行うコースが代表的なものとして挙げられます。そして、それぞれにメリットデメリットがあります。
学校主催の講座のメリットは、情報交換が活発にできることがあげられます。
同じ学内の生徒が受講するため、実際の就職活動とその成果を知ることもできます。

●情報交換が活発にできる!就職したOBやOGの生の声を聞けるのも魅力

デメリットは当然ながら主催する学校に在籍する生徒しか受けられれないことです。ですが、自分が所属する学校の就職講座には一度参加することがお勧めです。
実際に就職したOBやOGから話を聞ける場を設ける学校なども多いため、貴重な生の声を聞ける可能性が高いのです。

自治体のビジネススクール就職講座について

自治体などが主催する就職講座は無料である事が多い半面、参加人数や講座の質の面にでばらつきがあるのがデメリットとなります。
講義と講義に期間が開いてしまう場合も多く、長期で受けることを前提にしたものや、短期で集中的に行うものまで様々です。
他方、ビジネススクールは有料ですが、的を絞った講義や短期集中で対策を行うことも、時間をかけて講義を受けることも可能で、内容は非常に濃密で自分で内容を選択が可能な事がメリットです。

●エントリーシートや履歴書の添削をしてくれる!

また、ビジネススクールでは、エントリーシートや履歴書の添削などを行っているケースも多くあります。
有料である分付加価値が高くなるため、学校主催の就職講座と、ビジネススクールの講座の両方を選択する人も多く、良いとこどりも可能となっています。

就職講座は実践で使えるノウハウや心構えを教えてくれる強い味方!

雇用の回復がうたわれるようになっても、企業は時間の限られた中で優秀な人材を見つけることに努力しているため、競争はより激しさを増していえると言えます。
就職講座は実践的に就職活動備えるための知識と心構えを教えてくれる心強い味方です。
様々な講座を活用しつつ、就職活動に生かすことが重要と言えます。