就職面接会で好印象を残す方法とポイント | 新卒就活.com

2016/09/01更新

就職面接会で好印象を残す方法とポイント

就職面接会で好印象を残す方法とポイントについてご紹介します。
就職面接会は一か所に多くの企業が集まるイベントです。
新卒の場合は、面接会というよりも会社説明会の方がメインですが、そこで好印象を与えられれば、後々の選考で有利になれる可能性もあるのです。

就職面接会で重要なポイント1,服装

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
まず、就職面接会において第一印象をよくするというのは、清潔感漂う服装をするだけでなく、希望の職種に見合ったイメージの自分になりきることが重要です。
何も考えないで就活ようのスーツを揃えるのではなく、スーツの販売員ではなく自分に主導権を持ってスーツ選びをする必要があります。
例を挙げますと、営業職に就きたいならバリバリ営業をこなしているトップセールスマンをイメージしてスーツ選びをするのがベストです。

~希望の職種に合った服装を選ぶのがポイント!~

ですから、フリルがついたブラウスにスカートのスーツでは、この人は本当に成果を挙げてくれるんだろうかと思われてしまいかねないですよね。
ですから就職面接会に行く際には、シャツタイプのブラウスにパンツスーツで、髪の毛も一つにまとめる方が好ましいです。
そうすれば企業側もすぐに活躍してくれそうだと期待することでしょう。

就職面接会で重要なポイント2,イメージ作り!

次に、就職面接会において第一印象でアピールするのは何も業種に限ったことではありません。
求人票などを見ますと、求める人材の内容を書いている企業がありますよね。
明るい人というのはよくある例で、その場合にはあなたは明るい人かどうかが重要なポイントになるでしょう。
明るく振る舞うのはもちろんのこと、大事なのは第一印象です。
就職面接会で第一印象で明るさをアピールできたとしたら何ができるでしょうか。

~笑顔が重要!地声より高い声色で明るい印象を与える~

一番重要なのは笑顔ではないでしょうか。
口角を少し上げ気味にして、自然な笑顔で面接に臨みましょう。
次に声のトーンも重要です。
普段より少し高めの明るい声で面接に臨みましょう。
さらにできることは自分を明るい人間に見せてくれる服装です。
明るい人に見える服装とは、色も関係してきます。
なので、黒いスーツは止めておいた方が無難です。

就職面接会で重要なポイント3,清潔感

よく聞くことですが、人の印象は数秒で決まるなんて言いますよね。
本当にパッと見た目で決まると言っても過言ではありません。
普段自分も人を見た時に、一瞬で判断していることがあるはず……。
顔だけでなく、自分のしぐさや態度、表情など全てを総合的に判断しているのです。
これは、コンピュータでもできないことで、人間だけが出来ることではないでしょうか。

~意外に目につく靴の汚れには細心の注意を!~

一度持ってしまった印象というものは、めったなこと以外では覆らないので厄介だとも言えるでしょう。
そうなのでしたら、就職面接会の際にも第一印象を良くしておけば何も問題ありません。
服装は清潔感を与えられるようなものであることは最低限で、しわや汚れなどには注意を払いたいものです。
特に靴の汚れは本人が気づかないことが多いのですが、他の人から見ると目がいきやすいので、逆に言うと靴が綺麗に磨かれているとそれだけで清潔感がアップします。
就職面接会の会場に入る前には、トイレなどで最終チェックをする際には、靴の汚れを落としておくといいでしょう。

就職面接会では第一印象が大事!清潔感ある身なりと笑顔で好感度UP!!

就職面接会の規模は色々あり、数社で行うものから、50社程も集まる大規模なものもあります。
対象者も新卒だけでなく、中途採用の人のものもあります。
新卒対象の就職面接会に中途採用の人が参加することは一般的に行われていません。

新卒者の場合には、単なる合同説明会となっている場合がほとんどで、後日書類選考の他に面接などが行われている場合がほとんどです。
ですが、中途採用や再就職者を対象としている場合、合同説明会だけとなっていて、採用や不採用を決めてしまう場合があります。
以上が就職面接会のポイントについてでしたがいかがだったでしょうか。
第一印象が最も重要なポイントであるということがお分かりになって頂けましたか?