履歴書での実績の書き方と注意点について | 新卒就活.com

2015/11/17更新

履歴書での実績の書き方と注意点について

履歴書における実績とは、就職活動で一番自分をアピールする際に必要な要素の一つです。
採用する側も複数の入社希望者を相手にするので、処理しきれない場合などは実績を判断基準にしています。
今回は、そんな履歴書での実績の書き方や注意点についてご紹介いたします。

履歴書での実績の書き方1,数値を盛り込むこと

pencil-sharpener-838605_640
履歴書の実績の書き方やポイントは、仕事の実績のや業務成果を自分の言葉で書くことです。
履歴書に書く実績は、特に自分で上げた成果なのでテンプレートなどを参考にすると逆に上手く表現できずに伝わりにくい文章になってしまいます。
ですので、自分の実績と意欲、それに至ったプロセスを具体的な数値を盛り込みなかまら表現すると伝わりやすい文章になります。

~実績に至るまでのプロセスを具体的に書くこと~

自分の言葉で上手く表現した方が面接の際に丸覚えしたり、言葉に詰まりにくく、緊張せずに伝えやすいからです。
結論から始まる文章の基本を押さえた上で自分の実績の経験、自分の長所、アピールポイント、希望する会社のメリットや意欲と繋げていくと読みやすい、読みたくなる書き方ができます。

履歴書での実績の書き方2,職種・業種に合わせてアピール

次に履歴書の実績は、職種、業種に合わせてアピールしましょう。
まず、営業売上1位や業界トップクラスの魅力的な数値や経験でも希望する職種や会社の求める人材とマッチしなければただの自慢になってしまうので注意が必要です。

~企業が求める能力を実績でアピールするのが効果的~

数値はあくまであなたの実績や経験を短時間で採用側にイメージするための手段なので、書類選考が通っても、面接でしゃべれないような内容ではすぐに振るい落とされてしまいます。
ですので会社の求める人材に合うの実績をピックアップして、それについて書く方が複数のインパクトのある数値の実績を盛り込むことにより、読みやすく魅力的に見えるのが書く方のポイントです。

履歴書で実績を書く際の注意点について

履歴書で書いた実績と面接でアピールしたポイントは必ずおさえてきましょう。
採用側は面接時のイメージばかり先行している可能性があります。アピールしたい部分が評価から漏れてしまうでしょう。数値を盛るとアピールの際に苦労するので、表現方法を変えても、素直な実績を書くことが大事です。
その上で実績を中心としたアピールポイントを面接の時に話せればokです。

~自分の実績はどの位置にあるのか考え直してみることも重要~

実績は採用側が一番イメージしやすい要因ですが、それまでのプロセスやコミュニケーションや途中失敗してしまった事例なども含めて判断する傾向があります。
また、グローバル化によって国内外を含めて、実績を判断するので、一度履歴書を書く時に自分の実績がどの位置にあるのか考え直してみるといいです。

履歴書を書く際は実績を得るためのプロセスを明確にすること!

以上、履歴書での実績の書き方と注意点についてご紹介します。
履歴書の実績は、書類選考、面接で大きな武器であり、採用側も判断基準で重視しています。
ですが、数値ばかりではなくプロセスやコミュニケーション、失敗から学んだことなどを含めたアピールが大事になります。
実績を得るためのプロセスを明確しておけは、その分信憑性が増します。