履歴書で絶対に評価される自己PRの書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書で絶対に評価される自己PRの書き方

履歴書自己PRの書き方について、そのステップとポイントをご紹介します。
就職活動において重要となるのが、履歴書の準備です。
その履歴書の中でも採用担当者が特に注目するのは、自己PRの部分です。
どのような内容にすれば評価を得る内容にできるのでしょうか。以下でみていきましょう。

履歴書での自己PRの書き方1,カテゴリーに分けた自己分析

pencil-782755_960_720
評価を得る履歴書自己PRの書き方のファーストステップとして、まずは自分のアピールポイントを探すことから始めましょう。
漠然と考えるよりは長所、スキル、人生経験、学校、クラブ活動、成績と言ったカテゴリーに分けて探すと見つけやすいでしょう。
このような自己分析をする作業は就活においてとても重要で、適切な仕事選びや積極的な自己PRにも関わってきます。
評価を得る履歴書自己PRの書き方の第一段階は、自分を知ることから始めましょう。

●見つからない場合は就職サイトの例文を参考にする!

自分のアピールポイントを探す場合に参考となるのが、就職情報サイトなどに掲載されている自己PR例の情報です。
長所の例などが一覧になったものや、それぞれの長所のアピールの仕方が掲載されており、大変参考になります。
自分のアピールポイントが見つからない場合でも、それらを参考にすれば見つけやすいでしょう。

履歴書での自己PRの書き方2,求める人物像に合わせる

評価を得る履歴書自己PRの書き方として最重要ポイントと言えるのが、応募する企業の内容や職種に合った自己PRの内容にする点です。
その企業が求めている人材像に合わせてアピールすれば、説得力があり評価を得やすいものです。
例えば事務的な仕事であれば几帳面な性格を伝え、その企業に貢献していきたい意欲を伝えましょう。ベンチャー企業であれば、行動力や積極的な性格などが的確なアピール内容と言えます。
このような的確な履歴書自己PRの書き方にするためには、企業情報や職種の内容をしっかり調べることも重要と言えます。

●自分の強みを活かした展望や将来像も重要!

企業に合った的確なアピールポイントを見つけたら、その部分をどのように仕事に活かし、どう企業に貢献していきたいのかと言った、展望や将来像を書き加えることも重要です。
企業としては、そちらの部分にも注目しています。
そこまで記載できれば、その企業が求める人材としてしっかりアピールできるでしょう。

履歴書での自己PRの書き方3,エピソードで説得力を持たせる

評価を得られる的確な履歴書自己PRの書き方に注意したら、最後はその内容に具体的なエピソードを書き添え、説得力を持たせましょう。
例えば、単に粘り強いとアピールしてもピンときませんが、経験したエピソードを挙げれば説得力があります。
逆に言えばエピソードがないと、採用担当者の注目を得るのは難しいと言えるでしょう。

●エピソードが自慢話にならないよう注意!

履歴書自己PRの書き方として、注意したいポイントもあります。
それは自己PRが、単に自慢する内容に終わっていないかどうかという点です。
企業側が注目するのは、その人がどんな人柄でどれほど熱意を持って貢献してくれるのかという点です。
自己PRのエピソードの書き方は、その凄さを強調すると言うよりも、そのような長所を活かしてどう貢献していきたいのかと言う熱意を伝えることにポイントを置いた書き方が望ましいでしょう。

履歴書での自己PRの書き方で重要なのは強みを活かして会社へどう貢献するのかを述べること!

評価を得る履歴書自己PRの書き方のポイントは、企業や職種の内容を考え、求めている人材を意識してアピールする事が重要です。自己分析して自分のアピールポイントを見つけたら、その中から応募する企業や職種に有効と思われるものを自己PRの内容に盛り込みましょう。エピソードを交えて説得力を持たせると同時に、その長所をどのように仕事に活かし、どう企業に貢献したいかまで書き添えて熱意を伝え、評価される自己PRに仕上げましょう。