履歴書で重要な志望動機の書き方とは | 新卒就活.com

2015/11/04更新

履歴書で重要な志望動機の書き方とは

履歴書で重要な志望動機の書き方についてご紹介します。
就職活動をする方は履歴書を作成することが必要ですが、そこで自分を会社に対してしっかりとアピールすれば良い印象を与えることが出来ます。
そのためには応募をする会社に対する志願動機をしっかりと考えておくことが大切なのです。

履歴書での志望動機の重要性とは??

doubt-539986_640

就職活動の中で採用する側の会社が就職活動をしている学生に対してどのようなものを求めるのかというと、どれだけ自分の会社に対して本気であるかということです。
自己PRと並んで重視される要素なので、誰でもすぐに考えられるような志願動機だと会社側は「この人は適当に就職活動をしているのではないか」「この会社に本気で入社したいという熱意が伝わってこない」と思ってしまいます。

~オリジナルティあふれた内容が求められる~

このようなあまり良くない印象を与えてしまうと、履歴書などの書類だけで判断される書類選考の段階で落ちてしまう可能性が高いです。
こうした事態を避けるために、きちんと考えた自分の個性が出ている志願動機を考えて履歴書に記入することがとても重要です。

履歴書における志望動機の書き方1,会社を理解する

では履歴書を送った会社が良い印象を受ける志願動機を作成するためにはどのようなことが必要となってくるのでしょうか。
それは自分の興味のある会社の情報を出来るだけ多く集めて企業研究をすることです。

~会社説明会・OBOG訪問・書籍などから情報を仕入れること~

会社の説明会などに参加をすることは当然ですが、その会社の業界についての理解を深めることも大切なので、業界に関する本などを読んで勉強をすると良いでしょう。
そうすることでよりその会社に対する理解が深まります。
また、OB・OG訪問をすることも大切です。学校の卒業生で働いている方がいたら就職課に紹介をしてもらったり、友人などにその卒業生と知り合いの方がいないか探してみましょう。
実際に働いている人からの情報は鮮度が高く、説明会などでは知ることが出来なかった情報も手に入るでしょう。
こうした会社情報を集めて企業研究をすることが履歴書などの質を上げることに繋がるのです。

履歴書における志望動機の書き方2,会社に沿ったキャリアプランを呈示する

会社情報も集めてその会社に対する理解が深まったら、履歴書に記入する志願動機を考えましょう。
ここで心掛けるべきことは、集めた情報から自分はどうしてこの会社に入りたいのか、入社したらどんな人材になって会社に貢献したいのかを考えることです。

~入社後のキャリアビジョンを明確にする必要がある!~

ただその会社が好きだというだけでは良くありません。
しっかりと自分がどうしたいのかという点も含めて考えることが重要なのです。
特になぜこの会社でなくてはならないのか、入社したら具体的にどのようなことがしたいのかという部分をしっかりと説明することが出来ればより良い印象を与えることが出来るでしょう。
こうしたことが含まれた履歴書が出来れば、それを見た方に「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるでしょう。

履歴書における志望動機の書き方で重要なのは説得力のある根拠

就職活動において履歴書は非常に重要な役割を果たします。
それを見た会社側に対して印象に残るようなものを作成することが出来れば良いでしょう。
そのためには会社情報をきちんと集めた上で自分なりの志願動機を考えるようにしましょう。