履歴書と職務経歴書との違いとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書と職務経歴書との違いとは

履歴書と職務経歴書との違いについてご紹介します。
就職活動を行う時に履歴書と職務経歴書の違いを知って準備していくことは大切であり、これらの書類は企業を受ける時に重要なものです。
一般的に新卒の場合は職務職務経歴書は必要なく、履歴書だけあれば良いですが、第二新卒の方には必須な書類です。

履歴書は就活生を示す全体像

cc-library010008954

履歴書というものは企業側から見れば志望者の全体像を示す書類であり、職務経歴書とは明確に違いがあるものです。
どういった場所で学んできて、どういう資格を所持していて、特技は何かといったものを示すものになります。

~初見で求職者の人物像がわかる書類~

履歴書の構成は学歴、資格、特技や趣味、応募動機こういった要素が詰まったものであり、初見の方でも何となくどういう人物像であるのかが解るものが履歴書です。
職務経歴書のように行ってきた仕事内容に特化した書類とは違いがあるものです。

学歴や資格等はありのまま記載する以外にないですが、迷うのは応募動機についてであり、なぜこの希望先の企業に応募したのかをこの動機と人柄を判断する所もありますから重要な部分と言えます。

職務経歴書は仕事の履歴書にあたるもの

履歴書が応募者の全体像を示すとしたら、職務経歴書は行ってきた仕事の履歴を記載して説明する書類です。
この書類は第二新卒の方必須です。在職期間に関わらず、必ず作成する必要がありますので注意しましょう。

今まで行ってきた仕事履歴を記載して、履歴書との違いは仕事以外の事柄を記入しないものであるという特徴があり、この違いを意識して区分けする事が大切な部分になります。

~職務職務経歴書によって仕事に対する姿勢を見極める!~

職務職務経歴書によって仕事力をアピール出来ますし、新卒者の場合は基本的に履歴書のみで職務職務経歴書が必要ないです。
バイト経験しかない方が就職活動をする時にはバイトで培った体験談を記載して提出可能です。
ポイントとしては相手が読んだ時に解りやすく伝えることが必要であり、入社時期や会社名、雇用形態、仕事内容や経験について記載します。

履歴書や職務経歴書は応募者の分身

履歴書や職務経歴書は両者の役割に違いがあっても、いずれにも志望者そのものを現す分身とも言える存在に違いは無いです。
履歴書によって志望者本人の事が解るように作成して、職務経歴書によって何が出来るのかを明確にする必要になります。

~読みやすくわかりやすい内容が重要!~

採用担当者から見て悪印象がある書類というのは何を伝えたいのかわからない書類であったり、誤字脱字が多い書類です。
その書類を見る相手を考えて、不明瞭な所がないような書類作りを心掛ける必要がありますし、採用担当者によっては履歴書段階で内容が悪ければ、細部の職務経歴書に目を通さないという場合もありえます。
履歴書は手書きが基本ですが、職務経歴書は場合によっては内容が長くなります。ですからパソコン等で作ったものを提出した方が見やすい書類になります。

履歴書で内面を知り職務経歴書で実績を見るという目的の違いがある!

履歴書や職務経歴書の違いを知って、両者の違いを知った上で適切な書類を準備すると書類作りに抵抗なく企業を受けることが出来ます。
履歴書も職務経歴書も採用を勝ち取るための第一歩のものですから、採用担当者に解りやすく知ってもらうことを意識して、特に履歴書では採用担当者は内面を知りたいですし、職務経歴書では実績を見たいものです。
採用側としても短時間の面接だけで判断するのも、書類で判断するのも難しいものですが、書類と面接両方を組み合わせて様々な面を判定していくことになります。
特に新卒の就活生は履歴書で採用を勝ち取る比重が高いですからを知っていて損がありません。