履歴書と職務経歴書の書き方とポイント【見本つき】 | 新卒就活.com

2015/12/21更新

履歴書と職務経歴書の書き方とポイント【見本つき】

履歴書と職務経歴書の書き方とポイントを見本を交えながら、紹介します。
就職活動において、履歴書の提出は絶対といっても過言ではありません。場合によっては、職務経歴書の提出を促されることもあります。そこでこの記事では履歴書や職務経歴書の書き方について見本を提示しながら解説していきます。

履歴書と職務経歴書の違いとは??

pen-956471_960_720

履歴書と職務経歴書の違いを端的にいうのであれば、履歴書は人生の経歴を記すのに対し、職務経歴書とは今までしてきた仕事の経歴を記すというところにあります。
履歴書の中に、職歴を書く欄が設けられていますが、職務経歴書はそれをさらに詳細に記したものだというとわかりやすいかもしれません。
現在の履歴書の書き方は、用意されたフォーマットに手書きで記すことが一般的です。一方職務経歴書の書き方は形式を含め自分でフォーマットを作り、それにワープロで打ち込んでいきます。

●履歴書は人生の・職務経歴書は仕事の経歴

職務経歴書のフォーマットの見本は、インターネット上に多く置かれていますが、ネット上のフォーマットを安易に選択するのはお勧めできません。
自分の経歴を上手く伝えるにあたり、そのフォーマットが適しているとは限らないからです。
ですから見本は参考程度にとどめておくといいでしょう。

履歴書と職務経歴書の経歴の書き方【見本】

●履歴書
履歴書には必ず経歴を書く欄があります。自作する場合でも、設けなければなりません。
履歴書の経歴の欄に書くのは、学歴と職歴です。以下がその書き方の見本です。

【見本】

          学歴
平成○○年 ○○大学 ○○学部 ○○学科 入学
  ○○年 ○○大学 ○○学部 ○○学科 卒業
          職歴
  ○○年 ○○株式会社 ○○事業部 ○○課 入社
                  そして現在に至る。

学歴の書き方は見本の通り、最終学歴だけで構いません。ただ略さずに書きましょう。卒業年のところを「同上」と書いてはいけません。

●職務経歴書
職務経歴書の書き方は自由であるため、ここでは一例をあげます。
まず職務経歴の概略を記します。これは、履歴書の経歴と同じようなもので構いません。その次に具体的な職務経歴を記します。
それは、仕事をしていた会社の基本データ、配属されていた事業部とその規模、事業内容、あげた実績等、勤めていた会社でのことを詳細に記すといいでしょう。

履歴書と職務経歴書の志望動機や自己PR

履歴書には必ず志望動機や自己PRを記します。
ただ、履歴書に書くその項目は、あまり大きくありません。ですから書き方に注意が必要です。以下がその見本と書き方です。

【履歴書の志望動機と自己PRの見本】

●志望動機
「私が御社を志望した理由は○○です。というのも~」
●自己PR
「私の長所は○○です。この長所は~」

~見本のように結論から始めることで伝えたいことを端的に述べられる~

上記の見本ではどちらも結論を先に述べています。この書き方は、論旨を明確にすることができ、伝えたいことを端的に述べることもできるため、履歴書で志望動機や自己PRをする際に使うと効果的です。

【職務経歴書】
職務経歴書は、履歴書と違い、フォーマットを自分で決めることができます。
ですから志望動機や自己PRの欄を大きく設けることも可能です。
履歴書のように結論先行型で書くもの一つの手ですが、書き方の自由度を利用し、好きなように自分をアピールするのも一つの手です。

履歴書と職務経歴書は見本からわかるようように根本的に書き方が違うので注意!

履歴書と職務経歴書は根本的に書き方が違います。2つの違いを理解し、作成するようにしましょう。
基本的に、履歴書は書き方のフォーマットが決まっていますが、職務経歴書は書式に決まりはなく、自由に書くことができます。
もし、履歴書や職務経歴書を書くにあたって悩んでいる方がいましたら、上記の見本等を参考にしてみてはいかがでしょうか。