履歴書におけるスキルの書き方について | 新卒就活.com

2016/09/20更新

履歴書におけるスキルの書き方について

履歴書は市販の物を使う方法から、自作をする方法まで様々な方法があります。
自作をするのであればスキルのアピールポイントとも言え、スペースを大きくとるのも方法です。
自分のアピールできる能力に応じたスペースの用紙を使い、書き方を工夫することも重要です。

履歴書はメーカによって書き方が変わる!

paper-315772_640
履歴書を書き慣れたことがない場合や、あまり使い慣れたことがまい人には意外な事実かもしれませんが、履歴書はメーカーなどから様々な形式が出ています。
それぞれの形式により、どこに重点を置いているかが全く異なり、アルバイトなどの経験などを多めにかけるもの、スキルに重点を置いたものなど、書き方以前に書式が変わります。
そのため、自分のスキルの充実度に合わせた履歴書を購入することも重要です。

~自分に合う履歴書を購入すること!~

まず、アピールしたい部分にスペースを多くとった履歴書を購入します。
自分に合わない履歴書を使用した場合、スペースを埋めるための書き方などを考えなければならず、強引に空白を埋めると印象が薄くなってしまうので、注意が必要です。

履歴書におけるスキルの書き方1,採用担当者の視点を意識する

履歴書にスキルを書く際も書き方に注意が必要です。
例えば文章作成能力があったとしても、重要なのは何によって文章を作成しているかになります。
手書きなのか、パソコンのソフトを使っているのか、パソコンのソフトだとすればどのソフトを使っているのかは重要な違いです。_
資格や免許であれば履歴書に記載するだけで何が出来るかはわかります。

~スキルの内容は詳細に書いた方が相手に伝わりやすい!~

しかし、実際にスキルとして書く以上は、どのようなことが出来るかある程度詳細が伝わる書き方にした方が、意図や背景が伝わります。
重要なのは、人に伝えると言う視点で、前提から書くと言うのはとても大切です。
特に即戦力が欲しい場合や、スキルに重点を置く企業には目に留まる部分なので、丁寧に書くのがポイントです。

履歴書におけるスキルの書き方2,経験もスキルのうち!

履歴書のスキルと言えば資格に関連したものが多くありますが、他にもスキルとしてかけるものはあります。
例えば、学際などで受付事務や接客をしていた場合などは、マナーを勉強した上で電話応対をこなしたと言うのもスキルの一つです。
専門ではなくても経験が活きることもあるのです。あまり大げさに書くとマイナス印象になる可能性がありますが、空白を埋めるためには使える方法です。

~資格でなくても企業に活かせる経験はアピールポイント!~

また、留学や海外旅行などで、資格はなくても外国語がある程度できると言うのもスキルです。
履歴書への書き方は様々ですが、日常的な会話が出来る事や、簡単な挨拶が出来るなども経験としてアピールする方法も一つです。
だだ、実線では役に立つレベルではない場合は、さらに語学スクールに通っているなど、エピソードを付け加える書き方をするのも方法です。

履歴書に書けるスキルは仕事で活かせる経験や資格のみ!

履歴書のスキルの書き方は、用紙選びでも大きく変わってきます。
自分に合わせた履歴書を使わなければ穴埋め的な考え方で文章を考えなければいけないケースが増えるのです。
履歴書の空白を埋めるのは書き方の基本です。
自分の特技などで埋めやすい書式を選ぶのがまず重要で、その中でスキルの中身を具体的に書きだしていくことが重要なのです。