履歴書における履歴の適切な書き方とは | 新卒就活.com

2015/11/02更新

履歴書における履歴の適切な書き方とは

履歴書における履歴の適切な書き方についてご紹介します。
とりあえず書けばいいと思っていないでしょうか?
履歴書を見ればその学生がどんな性格で本当にこの会社を志望しているかどうかが人事担当者にはわかります。
借りてきたような言葉ではなく、自分の言葉で丁寧に自分の半生(履歴)を書くことがポイントです。

履歴書での履歴の適切な書き方1,丁寧に記載する

old-books-436498_640
人事担当者は毎日多くの履歴書に目を通します。
そのため、汚い字や見難い履歴書は論外と言えるでしょう。
どんなに素晴らしい履歴が履歴書に書いてあったとしても、内容が頭に貼ってきません。
中には会社に送られてきた数百枚という履歴書を数名の人事担当者で読むこともありますから、乱雑なものはそれだけで足切りされてしまうこともあります。

●字が汚くても丁寧に書いてある履歴書は好印象

逆に、もともと字がうまくなくとも丁寧に記載されており、人事担当者に読んでほしいと思っているものは自然と目に留まります。
人に自分の履歴を読んでもらいたい、ということを頭において履歴書を書くことが大切です。

履歴書での履歴の適切な書き方2,自分の言葉で具体的に記す

●使い古された表現をそのまま使わない

よく失敗例として挙げられるのは「御社の将来性に魅かれた」のように、就活本の例文にあるような言葉を使ってしまうことです。
このような言葉は無難な表現ではありますが、就活生の本心ではないのでは、何かを写したのではと思われてしまいます。
前述したように、人事担当者は数多くの履歴書を見ていますので、気持ちが入っていない履歴や志望動機の文章はすぐにわかります。

●具体的に書くだけでもアピール力は変わる

先ほどの例に挙げた「将来性に魅かれた」という表現をするならば、どのような点に魅かれたのか、自分は将来どうなりたいのか、そのためにどういう人生を送って履歴を残してきたかということを詳しく書くだけでも全く違い、人事担当者への説得力も変わってきます。

履歴書での履歴の適切な書き方3,自分を売る心構えが必要

●謙遜は不当!控えめに書くことのないように

普段、自分を売り込むということはないので、ついつい謙遜してしまうということもあるでしょう。
ただ、履歴書においてはそんな遠慮は不必要です。
あまりによく見えるように書いたら入社してから大変なのでは……なんて心配することもありません。
まずは、目の前の選考を突破することが第一です。
履歴を誇張する必要はありませんが、控えめに書くことのないようにしましょう。

●興味を持ってもらえるような書き方を心掛ける

履歴書は、自分に興味を持ってもらうツールと割り切ると書きやすくなります。
相手は自分の履歴のどんなところに興味を持つだろうか、どう書いたら自分と面接してみたくなるだろうか、というようなことを考えながら書いてみるといいかと思います。

履歴書における履歴は自分に興味を抱かせるためのツール!

履歴書を読めばあなたの半生がわかるというのは決して大げさな話ではなく、そうでなければならないのです。
紙1枚のことではありますが、その紙1枚が運命を左右します。
今まで学習してきたことや経験してきたあなたの履歴はあなただけのもので、それは財産でもあります。
その財産を1枚の紙にまとめるような気持ちで書いてみてください。