履歴書における希望動機と面接でのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書における希望動機と面接でのポイント

履歴書における希望動機と面接でのポイントについてご紹介します。
希望動機は履歴書の中で特に重要な部分であり、面接でも良く聞かれる部分です。
書類選考で通っても、実際に話すときに詰まってしまっては元も子もない事から事前の準備や、予測も重要です。
そんな、押さえたいポイントに迫ります。

履歴書の希望動機で人事担当が見る部分とは??

stairs-70509_640
履歴書の希望動機は真っ先に目が行く部分です。
学歴や技術も重要ですが、企業に入ってから出なければ学べないことも多く、多少能力が低くてもやる気の面で挽回してしまう人も多いからです。
一方で、希望動機が弱い場合や、文章の筋が通っていない場合は大きな減点になります。
特に多いのが具体性ない動機で、ただ企業の業績や実績を褒めるようなものは真っ先に落とされます。

~具体性のない希望動機はNG!将来的な展望を盛り込むこと~

働きたいと思ったきっかけを書くことは重要ですが、その中で何が出来るのか、その中で何がしたいのか、将来的な展望がなければ仕事を任せる上での不安が付きまといます。
仕事は言われたことをするだけでなく、自分で見つけていく必要もあります。
履歴書に希望動機を書く場合は自主性とセットにするのが望ましいのです。

履歴書の希望動機で重要なポイントとは?

履歴書の希望動機で大切なポイントとして挙げられるのは、なぜその企業でなくてはいけないのかと言う必然性です。
希望動機は必然性が結びついた場合、強力な力を発揮します。

~同業他社と比較してその企業でなくてはならない部分を明確にすること!~

例えば同業他社と比較して、どうしてその企業なのかを考えます。
規模や社風も大切ですが、どうしてそこまで心を惹かれ、仕事をしたいと思ったのか改めて考える必要があります。
例えば、特定のサービスや、商品が理由でも問題はなく、自分で関わりたい、作りたいと思ったと答えてしまうのも方法です。
待遇面で惹かれて選んだとしても、履歴書に書く以上は最低限企業の商品やサービスなどを知る必要があります。
その商品やサービスと自分との接点を見つけることで、言葉により深みが増すのです。

履歴書の希望動機を面接で活かす方法とは?

面接の際に、面接官が嫌うNG行動の一つに履歴書の希望動機を丸暗記して話すことがあげられます。
確かに、希望動機に自分が何を書いたかは重要であり、暗唱できるほど覚えていることも重要です。
しかし、面接官は面接の場でしか聞けない本音の部分を求めている場合もあり、質問の仕方や前後の流れを応用し、履歴書の内容を少しアレンジした答えを求めてくることが多いのです。

~質問の仕方や流れから希望動機の内容をアレンジする必要がある~

履歴書の内容とかけ離れるのは問題ですが、面接官と意思疎通ができて初めて採用不採用が決まります。
希望動機を読んで疑問に思った点や、モチベーションに関わる点は面接でも良く聞かれる部分です。
質問をあらかじめ予想し、流れの中に織り込むことも重要と言えます。

履歴書の希望動機で重要なのはその企業を志望する根拠!

履歴書の希望動機は就職活動のきっかけとなった部分です。
この時点であまりに内容が薄い場合は人間性も疑われてしまいます。
きっかけは些細なことであっても、それが自分の中で何を意味するのか考え、言葉にする必要があります。
なぜ、その企業でなければならないのかを考えましょう。
そしてそれを丸暗記するわけではなく、面接の際どんな質問にも慌てない多面的な視点を持つことが重要と言えるのです。