履歴書における志望の動機の書き方のポイント | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書における志望の動機の書き方のポイント

履歴書における志望の動機の書き方のポイントをお教します。採用担当者が履歴書をチェックする際に志望の動機は一番重視する部分です。
ですから、どれだけ自分がその企業に入社したいと希望しているかが伝わるように書く必要があります。
では、書き方のポイントを3つ紹介しますので参考にしてください。

志望の動機の書き方1,熱意を伝える

news-760984_640

その企業で将来的に何をしたいかを履歴書の志望の動機に書くと、熱意が伝わりやすいです。
目標があれば、一生懸命に仕事に取り組んでくれるという印象を採用担当者に持ってもらえるからです。実際、目標のある人は仕事に関して真剣で諦めることをしません。企業が求めているのは、そんな目標を持った熱意のある人なのです。

~自分の具体的な体験と目標について記載すること~

履歴書に将来の目標を書くだけでは今ひとつ説得力がありません。今まで自分が体験してきたことを踏まえて、目標について書くのです。
例えば、学校だけでなく、サークルやアルバイトの経験から目標に向けて取り組んでいきたいというように書きます。理由もなく、企業の経営方針の一部分に共感できるのでというような志望の動機の書き方はダメです。

志望の動機の書き方2,企業の特徴を理解する

同じ業種の企業の中から、なぜその企業を選んだかを明確に細かく説明出来るぐらいに特徴をしっかりと理解して覚える必要があります。
これは、履歴書の志望の動機の書き方だけではなく面接の時にも口頭で質問される事があるので大切です。質問されたら即座に企業の特徴で共感できるところが言えるぐらい、しっかりと理解したいものです。

~企業の戦略や業界についての動向を押さえること~

企業の業種の方針や戦略、長所や強み、業界内での位置付けやその業界全体についての動向をポイントごとにおさえれば大丈夫です。
難しく考える必要はなく、ストレートに書けば良いのです。
例えば、日本だけでなく海外にも支店を持つような企業なら、業界内でグローバル化が進んでいることや自分の英語力を入社後に発揮できることを履歴書の志望の動機に書きます。

志望の動機の書き方3,添削し読んでもらう

履歴書の志望の動機はとにかく書かなければ、いつまでも終わることがありません。
当たり前のことだと思うかもしれませんが、何度も書いて添削するのが書き上げることへの近道です。納得のいくまで添削をして出来上がったら、今度は誰でも良いので読んでもらいます。
自分の書いたものを他人に読まれるのが恥ずかしいと思わずに、読んでもらって正直な感想を言ってもらうのです。

~良い感想がもらえたら履歴書に書き写すこと~

入社してからの目標、自分の過去の経験や達成できたことを軸にして、特徴や長所と結びつけましょう。
そして、同じ業界でもこの企業でないといけない理由へと繋げるように書き方を意識すれば自然と完成します。完成した志望の動機の不要な部分と削り、誤字脱字を訂正します。
さらに、清書をして他人に読んでもらい感想を言ってもらいます。良い感想がもらえたら履歴書に書き写します。

履歴書における志望の動機の書き方のポイントまとめ

就職活動は何かと、分からないことや難しく思うことがあります。しかし、そんな時はOBやOG、大学の就職支援の先生など身近な人にどんどん質問や相談をすれば良いのです。
履歴書の志望の動機の書き方も、きっと気さくに教えてくれるはずです。
一人で頑張るのも良いですが、周りを頼りにすることで簡単に道が開けることもあります。ここでの3ポイントを参考にして、履歴書を書いてくださいね。