履歴書における志望動機の正しい書き方 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

履歴書における志望動機の正しい書き方

履歴書は就職活動する上で誰もが一度は書くものです。
その中でも志望動機は、自己PRにも繋がるため、かなり重要なものとなっています。
履歴書における志望動機の書き方のコツを掴んで、魅力的なものを作成しましょう。

履歴書の志望動機は非常に大切

PAK85_pentonote20140313000808500

これからの時期、新卒者の就職活動が活発化し企業に履歴書を送ることが多くなります。
そして履歴書に必ず書かなければならないものが、企業の対する志望の動機です。
この志望の動機はとても重要なものであり、書類選考を通過するかしないかを大きく分ける要素のひとつとなっています。

~いかに就活生が企業を見ているのか試されている~

そんな志望の動機をどうやって書けばいいのか?悩んでいる就活生も多いことでしょう。
そこで今回は履歴書における志望の動機の書き方についてご紹介します。
まず志望の動機はなぜ書くのかというと、いかに就活生が企業をしっかりと見ているか試されているのです。
それを踏まえて考えることが、好印象を与える志望の動機へとつながります。

履歴書の志望の動機の書き方

まず初めにすることは、企業を研究することです。
履歴書における志望の動機を書くには、その企業を深く知らないことにはかくことはできません。

~企業に対して共感した部分と自身の過去の体験をリンクさせる~

しっかりと企業の経営理念や事業内容を理解し、その中で自分が共感できるものを探してください。
そして次に共感した部分と自分の過去の体験をつなぎ合わせあす。
部活動やアルバイト、経験したことは何でも構いません。
とにかくどんな経験を通してその共感する気持ちを抱くようになったのかを考えましょう。

そして最後に、その経験のなかから軽く自分の強みを書き、
最後に「企業に~といった形で貢献できると思い志望させていただきました」と締めくくりましょう。
これが基本的な履歴書志望の動機の考え方です。

志望動機のダメな書き方は熱意だけで具体性のないもの

履歴書における志望の動機で絶対にしてはならないことがいくつかあります。
それはまず具体的な内容のない、熱意だけで押し切ろうとする志望の動機です。
履歴書における志望の動機にはまず企業の共感できるところを述べると説明しましたが、
具体的になぜそこに共感したのかというものがないと、まったく中身がない志望の動機をみなされます。

~企業は学校ではない!研修制度を理由とした志望動機はNG!~

他には企業の研修制度を魅力に感じたというような志望動機です。
企業は学校ではありません。採用担当はいかにあなたが企業に貢献できるかを判断しているので、教育制度を志望の動機に挙げることはやめましょう。

履歴書の志望動機は企業への共感と経験を具体的にリンクさせること

さらに就活生の中で多い履歴書におけるNG志望の動機は、企業が家から近いからといった企業の地理をあげるものです。
これは他に説明したもの同様絶対にやってはいけません。
採用担当からすれば、近ければどこでもいいのかという印象を与えるので、落とされることは確実です。

いかがでしょうか?今回は履歴書における志望の動機の書き方をご紹介しました。
志望の動機はしっかりとポイントをおさえて書くことで好印象を与えることができます。
まずは企業の研究から始め、自身の過去の経験を振り返りましょう。
いい志望の動機は時間をかけて作り出されるものです。