履歴書における経歴の書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/14更新

履歴書における経歴の書き方とポイント

履歴書に経歴を書く場合のポイントについてご紹介します。
履歴書には経歴を記載する欄があります。
履歴書の経歴を記載する際には適切な書き方というものがあります。
経歴の書き方のルールを守りつつ、採用担当者の目に止めるような履歴書を作成していきましょう。

履歴書における経歴の書き方1,簡潔にまとめる

pencil-791107_640
企業に提出する履歴書ですが、履歴書には必ず経歴を記入する欄があるため、その欄に自分の今までの経歴を事細かに分かりやすく記入する必要があります。

~シンプルで分かりやすく職歴をまとめよう!~

経歴の書き方で重要なのは、一目でなにを書いてあるのかが分かるような書き方です。
ごちゃごちゃとした書き方はその時点で採用担当者も見るのを止めてしまう可能性が考えられますので、いかに内容を整理して書けるかが、経歴の書き方のポイントとなります。
記載する経歴としては学歴、職歴が基本となりますので、今までの学歴や職歴を整理して正しい内容の経歴を記載するようにしましょう。

履歴書における経歴の書き方2,注釈を入れる

履歴書の経歴の書き方に求められるのは、正確で見やすい内容です。
新卒者の場合には基本的にその場所に記載するのは学歴のみとなります。
ですがもし一旦就職してその後辞め、もう一度大学などに入学していた場合にはその間の職歴も記載する必要が出てきます。
記載しないとその間の経歴がすっぽりと抜け落ちてしまうことになりますから、採用担当者がその部分を奇妙に思ったり不審に思う可能性もあります。

~空白の期間は不信感を抱かれる!職歴を挟んでいる場合は補足説明を付けること~

基本的には学歴を記載した後に職歴を分けて記載するのが基本となります。
間に職歴を挟んでいる場合は、注釈を履歴書の経歴欄に入れるとさらに分かりやすい書き方となります。

履歴書における経歴の書き方3,アルバイトを記載

履歴書の経歴の書き方で、アルバイトの経歴は果たして記載する必要があるのでしょうか。
これはそのアルバイトの経歴の情報が企業にアピールするのに必要な場合には、職歴として記載したほうが良い場合があります。

~企業に関係するアルバイトは書き方次第でアピールになる!~

基本的には短期のアルバイトの経歴は履歴書に記載してもなんら効果はありません。
ですが、1年以上のアルバイトで資格を取っていたり、そのアルバイトの経歴において何らかの実績をあげていた場合、そしてそのアルバイトの経歴が企業と密接な関係がある場合、職務内容が同じようなアルバイトだった場合には、書き方次第でアピールするポイントとして使用することが出来るといえます。

履歴書における経歴は正式名称で書く!省略はご法度!

履歴書の経歴の書き方で重要なのは、いかに正確で正しい情報を記載できているかということです。
例えば「○○県立○○大学経済学部」という名称であれば、必ず正式名称で記載をしなければいけません。
なぜなら同じ名前の学校がある可能性もありますし、それが県立なのか国立なのかはたまた私立なのかでも学校は全く違うものになるためです。

それと必ず略さずに履歴書に経歴を記載しなければいけません。
「同上」などを使用すると、採用担当者に与える印象を著しく損なう恐れがある書き方となりますので、学歴も職歴もアルバイトの経歴も、正しい名称で記載することを心がけるようにしましょう。