履歴書における経歴の書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/01更新

履歴書における経歴の書き方とポイント

履歴書における経歴の書き方とポイントをご紹介します。
就活生にとって切っても切り離せない存在である履歴書。
履歴書は書類選考の一環として提出を求める企業も多いと思います。
そんな履歴書の中でも経歴欄に記入する際の書き方について、もう一度おさらいしてみましょう。

履歴書の経歴=名刺

board-761586_640

就活をおこなうときに、必ず使用するのが履歴書の経歴です。
履歴書の経歴などは、多くの企業担当者が必ずチェックする項目です。
汚く書かれている、内容があいまい、何も書いていない、何が書いてあるのか分からない。
こういったマイナスの要素が含まれている場合には、履歴書の価値がワンランクもツーランクも下がってしまいます。

~一枚ずつ丁寧に作成する心がけを忘れずに!!~

ライバルの就活生に一歩も二歩も差をつけるためには、きちんとしたケアをおこなっておくことが大切になります。
履歴書は自分の名刺と思い、心を込めて取り扱っておきましょう。
就活の間には、複数枚書くコトになりますが、どの企業に向かって書くときも、一枚一枚気持ちを込めて、思いを伝えることが、内定ゲットの秘策となります。

履歴書の経歴の書き方1,学歴は高校卒業からでOK

履歴書の経歴を書くときには、どこからスタートして書いてよいやら、判断がつかない場合もあります。
一般的に就活をおこなうときの履歴書の経歴を書いていく場合には、高校卒業時期から記載しておくのがスマートで良いと思います。
高校の卒業月日などは間違えることのないように、しっかり計算をして記入をしましょう。

●学校名は正式名称・年代は統一すること

大学の入学月日、そして大学の名前・学部や学科もあわせて記入をしておきましょう。
大学名は正式名称を記載しましょう。
職歴の欄にアルバイトを記載している方がいますが、就活の履歴書を書くときには、あえて記入をしなくても問題はありません。
また年数などを記載するときには、西暦か和暦か、どちらかを選んでをして統一して書くことが大切です。

履歴書の経歴の書き方2,ひと工夫してアピールしよう!

履歴書の経歴を書くときには、大学の名前の下の空欄に、学んだ内容やゼミの研究テーマなどを簡単に記載することもできます。
あまりにも長く書くのは見づらくなるためオススメできませんが、簡潔に「ゼミの発表テーマ、研究テーマ、実績」などを記載しておくと、アピールできる履歴書の経歴が完成します。

●ゼミや留学経験なども記載することが可能!

また英語力を問われているグローバル企業に向けての場合は英語の資格についてきちんと記載することも大切。
夏休みを利用しておこなったショートステイや海外留学の経験も、あわせて書いておくことで、人事担当者の目に留まる履歴書の経歴が描きやすくなります。実のあるアルバイトを経験した場合はアルバイトの内容を記載しても、企業によっては失礼にあたりません。

履歴書の経歴を書く際は最低限のビジネスマナーを守ること!

履歴書の経歴を初めて書く場合、何からどのように書いてよいやら、迷うこともあります。
西暦か和暦かきちんと統一をする、高校卒業時からスタートして書く、誤字脱字に気をつける。
最低限のマナーをクリアしていれば、あとはある程度は自由に書いても大丈夫です。

履歴書の経歴は「今までどんなライフスタイルを送ってきたか」企業担当者が気になる、あなたの素顔をのぞくためのツールです。
自分を最大限にアピールできる、絶好の機会ととらえて、前向きにトライすることが大切になります。
いきなり本番に臨むのはミステイクに繋がることもあります。下書きを繰り返し、自分が最適と思う条件で本番にのぞむことも、合格の秘訣です。