履歴書で経験をアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書で経験をアピールする方法

履歴書における経験をアピールする方法をご紹介致します
履歴書はただ経歴を書くだけではなく経験したキャリアをアピールする方法をとるようにしましょう。
経験を読み取らせる履歴書を作成することが、魅力的な履歴書となるからです。
ここでは、履歴書に「経験」の要素を加える方法をご紹介します。

履歴書に経験を書く際は職歴欄を使うこと!

art-820276_640
履歴書は「ただ経歴を書くだけ」の書類ではありません。
多くの項目があり、そこから書類選考の判断材料とされるのです。
そのため、小さなことでもしっかりとアピールにつながるような
履歴書の書き方を身につけるようにしましょう。
そこで履歴書でアピールする一番有効な方法が、職歴欄に経験を書き込むやり方です。

●職歴欄は採用担当者が必ず目を通す項目!

履歴書には基本情報欄や学歴・職歴欄、資格欄に自己PR欄があるものが一般的です。
そして、履歴書で必ずといっていいほど採用担当者が目にするのが職歴の項目です。
そのため、職歴欄はより充実させられるような書き方をするほうがよいのです。
ただ入社・退社と書いていくのではなく、経験したことを伝えられるような履歴書作成がカギとなるのです。

職歴欄に経験を加える方法とは??

職歴欄に「経験」を感じさせる方法は意外と難しいです。
「どこまで書いていいのか」がなかなか判断しづらいためです。ましてや転職回数の多い人は、それだけでマイナス要素になってしまう上に書ききれなくなってしまいます。

●企業名の次の段落に経験を書く

経験を職歴欄に書く場合、入社・退社と書く企業名の下の枠に書きます。
履歴書を見る採用担当者がどんな経験をしていてのかが読み取れる職歴を書く必要があります。
履歴書が完成したら、一度目を通して『採用担当者目線』で確認してみるといいでしょう。
きちんと経験したことが伝わるか、をあらためて別の目線から見るのです。

経験を書き加えるときのコツについて

とはいえ、書きたいことがたくさんある人にとっては、どのように経験を書いていけばいいのか、再度壁にぶつかります。
履歴書に経験を書くには実はコツがあり、それにのっとって書いていくことで、おさまりがよく、なおかつ経験を読み取れる職歴欄にすることが可能です。

●シンプルに要点のみを記載しよう

『ぱっと見てすぐに理解できること』が重要です。経験を書く……というと、つらつらと文章にしてしまいがちですが、無駄な部分を省くのも大切です。
そのため、シンプルに「役職」や「年数」、「成果」などを一言ずつ書き込めるようにしましょう。
要点のみをまとめた紙面は、読み手にすんなりと理解をさせることができるので強いです。

履歴書で経験をアピールする方法は職歴欄を活用すること!

履歴書で経験をアピールする方法についてまとめてみました。
履歴書は最初の選考材料となる、面接へ繋ぐための大事な応募書類です。
基本的な情報を書き込むといえども、しっかりと企業にとって魅力を感じさせるような内容にしましょう。
上記の方法をしっかりと押さえることで、書類選考の通過率が大きく伸びます。
こと転職回数の多い人は、よりメリットのある書き方です。
応募書類とはいえ、「どう伝えていくか」の部分を考えていくことも重要です。