履歴書における自己PRと志望動機の例文紹介 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

履歴書における自己PRと志望動機の例文紹介

履歴書における自己PRと志望動機の例文を紹介していきます。
履歴書とは、就職活動する上で必ず書くことになる書類です。
選考のひとつとして提出するので、採用されるためにも自己PRや志望動機はしっかりとした書き方をしなければなりませんね。
では、履歴書を書く際に必要な自己PRや志望動機の書き方の例文を紹介していきます。

履歴書を書く上で自己PRと志望動機は大切!

business-561388_640

就職活動で必ず書くことになる履歴書ですが、その中でも自己PRと志望動機が特に重要となってきます。
書類選考に通過するかどうかはこの2つにかかっていると言っても過言ではありません。
そこで今回は、履歴書に書く自己PRと志望動機の例文をご紹介します。

●自己PRでは売り込む力・志望動機では仕事に対する意欲を見極められる

履歴書に書く自己PRと志望動機の例文を紹介する前に、採用担当は自己PRと志望動機を読んで何を見極めているのか?
まず自己PRではプレゼンテーション力、つまり売り込む力を見極めています。
そして志望動機では、仕事に対する意欲を見極めているのです。
採用担当が何を求めているかを知ることにことにより書くべきことが自然と見えてきます。”

自己PRの書き方・例文を紹介

【例文】

「私の強みは何事にも折れないことです。その根拠として、3年生にしてサッカー部でレギュラーを獲得したことがあげられます。
入学当初、私のレベルは大学ではまったく通用せずレギュラー獲得をすることは困難だとコーチに告げられました。
しかし私は諦めず、まずは自分の自己分析から始めました。
その中で自分のポジション適性が今まで間違っていたことに気づき、底からは新たなポジションに特化した練習に励みました。
一朝一夕どうにかなるようなものではなかったですが、諦めず自分を信じ続けることで3年生にしてレギュラーを勝ち取りました。
私の自己分析をし、改善を導き出す力は御社においても自分やるべきことを見極め、御社に貢献できると思っております。」

以上が履歴書の自己PRの例文となります。
次に履歴書の志望動機の例文をご紹介します。”

志望動機の書き方・例文を紹介

前項に引き続き、履歴書の志望動機の書き方例文を紹介します

【例文】

私はアルバイト経験を通じて、顧客満足度を上げ売り上げにつなげる達成感を学びました。
そして御社には商品開発から販売まで全ての工程において顧客目線を徹底しているという経営理念から、御社でなら私が望んでいる顧客満足度を上げるという仕事をすることができると思い、志望させていただきました。
アルバイトでは顧客のニーズをキャッチし販売スタイルを変えるなどの工夫により売り上げを半年連続1位を獲得することに成功しました。
御社においても、顧客のニーズを敏感に察知する力で、新規顧客開拓に貢献できると思っております。

以上が履歴書の志望動機の書き方例文となります。

例文から読み取れる自己PRと志望動機の共通点は自分を売り込んでいる所

これまで履歴書における自己PRと志望動機、2つの例文をご紹介しましたが、
この2つに共通して言えるのが、最後に自分を売り込んでいるということです。

採用担当は履歴書を読むとき、その人物が自社で働くことを想像しながら読んでいます。
そしてその想像をより強いものに出来れば、採用への道はぐっと近くなります。
そのため文末に自分がいかに企業に貢献できるかを書くことで、
採用担当はより強くイメージすることできます。

まずはしっかりと自分の強みややりたことを理解し自己PRと志望動機の作成にあたりましょう。
例文を参考にすれば、採用担当に好印象を与えることができるでしょう。