資格欄はアピールのチャンス!履歴書を魅力的にさせるための秘訣 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

資格欄はアピールのチャンス!履歴書を魅力的にさせるための秘訣

履歴書における資格欄の書き方のポイントをお教えします。履歴書の資格欄は書き方のポイントを押さえておけば、選考突破間違いなしです。今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、資格欄については確実に書けるようにしましょう。就活生は必見のページです。

履歴書の資格欄は絶好のアピールチャンス!!

startup-594127_640

履歴書やエントリーシートには持っている資格を記入する欄が設けられています。この資格欄の書き方次第では、企業に与える印象がガラリと変わってくる場合もあります。

~持っている資格を整理して分かりやすく記入すれば企業へのアピールにつながる!!~

企業によっては持っていると採用に有利となる資格もありますし、資格がたくさんある場合には、それまでの努力なども見えてくる場合がありますから、持っている資格をきちんと整理して分かりやすく記入すればそれだけ自分を企業にアピールすることが出来るわけです。

書き方にも順序がありますからそれを守って記入すると、見易く上にアピールにも使える資格欄を作成することが出来ます。

資格の書き方とは取った順番から記すこと!!

資格の書き方の基本は、取った資格の順番で記入していくことが基本となります。資格欄に書く順番がバラバラだった場合、どの資格をいつ取ったかが一目で分からないうえに、自分が目指す企業には関係ない資格なども混ざって記載されているといった状態になります。

~必要な資格が整理された書き方なら企業へのアピール度も高い!!~

なので、資格があることはわかるけれど、統一性のない非常に見辛い資格欄になってしまいます。そのため記入する前に必ず資格を取った年代順に整理して、必要な資格だけを厳選して記入する書き方のほうが、企業へのアピール度も高くなると言えるでしょう。

もちろん全ての資格を書くことが悪いわけではなく、一見採用試験を受ける企業とは関係ないような資格が、逆に企業の目に留まることもありますので、そこは上手に選別して記入をしましょう。]

持っている資格の記載の仕方とは

0d4423b3705f49775cc617802d6ad684_s

資格の書き方で重要なのは、持っている資格をいかに正確にそして分かりやすく書くかということです。

基本的には持っている免許、資格の順番で書くのが通例で、書く順番も国家資格、民間の資格の順番で書くほうが良いでしょう。書き方に関しては、まず資格を取った年、日付、そして正式な資格や免許の名称を記入するのが正しい書き方です。

~年号・資格名の順番で正式名称を記載すること~

先に資格名を書いて後に年号を入れるのは、見辛くなりますから避けたほうが良いでしょう。

それと正式名称ではなく略名を書くのも厳禁です。例えば免許の場合、○○年○月自動車免許取得と書いてしまうと、その免許が普通免許なのか特殊免許なのか分かりませんし、資格に関しても英検取得とか書いてしまうと何級なのかが全く分からないため、正確な英語検定の名称と級を記入する必要があります。

資格の書き方がアピールできればライバルに一歩差がつく!!

資格の書き方に注意して自分が保有している資格を記入すれば、就職活動での選考でライバルに一歩、差をつけることが出来るでしょう。

特に応募要項などで資格の有無の記載がある場合、その企業は資格を持っている人材を探していると言うことになります。

そのため資格の書き方に気を付けて企業が求める資格を記入することで、選考時に審査員や面接官の目に留まることが出来ます。資格の取得は自分が努力してきた証でもあります。

それを武器として使用できると言うことは非常に有利だと言えますから、資格を持っている場合には、有効利用すると良いのではないでしょうか。