履歴書に書くことに関するルールについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書に書くことに関するルールについて

履歴書に書くことに関するルールについてご紹介します。
就活の際に会社に提出が求められる書類は、エントリーシートと履歴書が一般的です。
履歴書は市販のものがあるので作成が楽と思われますが、履歴書に書くことにもマナーがあるのです。
どの様な点に注意すれば良いのでしょうか。

履歴書に書くことに関するルール1,学歴欄

book-690340_640

就活生にとって履歴書に書くことで一番重要視されるのは、学歴と言って良いでしょう。
学歴フィルターという言葉が存在する様に、企業にとっても「学力はどれ位のレベルなのか」は興味があるところとなるのです。

●学校名は省略しない

有名大学などは省略名でも知られていますが、履歴書には正式名称で記載します。
学部や学科が長い場合にも省略せずに、改行をしてもきちんと書きましょう。

●自己アピールをするチャンスも

本来履歴書に書くこと以外でも、大学で学んだり研究したことが応募先の企業の業種に関係がある場合には、学校名の下の欄を利用して記載することで自己PRに繋がります。
在学中に留学をしていた場合、短期でも語学力をアピールできますので記載します。
新卒の場合は学歴欄には余裕がありますので、是非活用しましょう。

履歴書に書くことに関するルール2,趣味・特技欄

履歴書に書くことで趣味・特技という欄がありますが、何となく「読書」「映画鑑賞」などと記載してしまう人もいます。
他の人に差を付ける為には、趣味・特技の欄も有効活用することが大切です。

●一つに縛って細かく書くのがコツ!

趣味や特技はその人となりが分かるので、一つに絞って細かく書くのがコツです。
しかし自分の趣味や特技が少しでも仕事に生かせそうなポイントを探してアピールすることを忘れない様にしましょう。

●数字を入れると信憑性が増す!

読書が趣味の人の場合、好きな作家と作品名はもちろん、一ヶ月に何冊位の本を読むのかも記載します。
読書家であることが分かり、文書作成が得意であったり、誤字脱字が少ないということを印象付けることができます。
趣味や特技に関しては面接で質問される可能性が高いので、履歴書に書くことは全て正直に記載することが大切です。

履歴書に書くことに関するルール3,本人希望欄

履歴書に書くことの中に「本人希望欄」というものがあります。
就活生の場合書くことがなかったり、書こうとしても難しくて「特になし」と記載する人がほとんどです。
確かにこれから社会人となる就活生が企業に対して色々と希望するとマイナスなイメージになりがちです。
企業側も志望動機や自己PRを重視することから、履歴書の本人希望欄には注目しないものです。

●空白は0に!希望職種を記載しておこう!

企業の募集要項の中に複数の職種が記載されていた場合、自分が希望する職種を記載します。
但し面接の際に「もしも希望の職種以外だったらどうするの?」と訊かれることを想定して対策を立てておきましょう。
「少しでも御社の製品に関われる仕事でしたら自分にとってプラスになると思っています。
違う職種になってもまずは一から仕事を覚えていき、将来的に希望する職種を目指せすことを考えます。」

履歴書で重要なのは自分の基礎情報を正確に書くこと!

以上履歴書に書くことに関するルールについてご紹介しました。
就活生が履歴書に書くことで大切なのは、自分の基本データを採用担当者に伝えることです。
自己PRや志望動機などの装飾部分は自分の言葉で語ることができますが、履歴書に書くことは不動の事実のみとなると思いましょう。