履歴書に職務経歴を書く際の注意点 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書に職務経歴を書く際の注意点

履歴書に職務経歴を書く際の注意点をご紹介します。
履歴書に職務経歴を書くとき、ふと疑問にあたることがあります。職務機歴を書く際の注意点、ご紹介します。
注意点とは言え、履歴書に職務経歴を書く上でよくよく考えてみれば、それもそうだとなるものばかり。
初心にかえるつもりで見ていきましょう。

履歴書に職務経歴を書く際の注意点1,基本的なルール

filler-169581_640
履歴書に職務経歴を書いていくにあたって、まず思い出して欲しい注意点が「基本的な書き方のルール」ですね。
ごく当たり前のことではあるものの、いざ書こうと思った時には意外と頭からすっぽぬけてしまうことが多いです。
一度初心にかえるつもりで、履歴書の職務経歴の書き方を見ていきましょう。

●書き忘れ・書き損じは許されない!!

面接とは違い、小さな書き損じ書き忘れすらもちょっとしたヒビになってしまうのが応募書類です。
まずは「学歴」「職歴」をそれぞれ書き忘れないように注意しましょう。
そして、会社名の隣には(括弧)でくくって事業内容を説明し、株式会社・有限会社の表記は省略しないようにしましょう。
この際に忘れてはならないのが、「社名変更している場合」です。社名変更があったときは「△△株式会社(旧・〇〇株式会社)」と補足を忘れないよう注意です。すr
そして退職項目には「一身上の都合により退職」「会社都合により退職」と記載し、最後に「現在に至る」と書きます。
このとき、最後を「以上」と締めくくるのを忘れないように注意です。

履歴書に職務経歴を書く際の注意点2,アルバイト経験

履歴書に職務経歴を書く際に迷うのが「アルバイト経験」ではないでしょうか。
結論から言うと、アルバイト経験も職務経歴として書いてもOKです。
充分経験として通用しますし、職務経歴欄をわざわざ空欄にするメリットもありません。

●正社員と同様で詳細に記述すること!

アルバイトの経験とはいえ、業務に携わってきたのは事実です。
そのため、履歴書に職務経歴を書くにはアルバイト経験も書いて問題ないのです。
1年以上継続したアルバイト経験があるのなら、むしろアピールにさえなりえます。
配属先、職種、仕事内容までしっかりと書くようにしましょう。

履歴書に職務経歴を書く際の注意点3,転職回数

転職回数が多くても、その経歴を省略してはいけません。
先に述べたように、空白の期間は作らないことをおすすめします。
履歴書で一番怖いのは「ブランクがある」と思われてしまうことです。
たとえ空いた期間があったとしても、「育児や介護のため」「資格取得のため」など、いくらでも書きようがあることも覚えておきましょう。

●採用担当者が見るのは退職理由!ポジティヴな内容にしよう!

転職回数が多い場合、採用担当者が目にするところは「退職の理由」です。
その際、「一身上の都合により退職」と書くのではなく、「キャリアアップのため退職」などのように書いて、プラスのイメージを持たせられるような書き方をしましょう。

履歴書に職務経歴を書くときは空白の期間を作らないよう注意!

履歴書に職務経歴を書くときの注意点についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
履歴書を書こうとしたときに、ふと疑問になってしまう上記の課題はここで挙げた解決策を参考に、書き損じなどの内容に注意して履歴書を作成しましょう。
また第二新卒だからといって職務経歴を省略することは許されません。
例え在職期間が短くても、業務に携わった以上はきちんと職務経歴を記載しましょうね。