履歴書に記載する資格の書き方について | 新卒就活.com

2016/09/14更新

履歴書に記載する資格の書き方について

履歴書に記載する資格の書き方についてご紹介します。
履歴書にには必ず資格を記載する欄が設けられています。
たくさん資格を所持している人は、アピールのために資格の名前をついつい羅列させたくなりますよね。
ですがそれは履歴書に記載する資格の書き方としてはNGです。

履歴書の資格の書き方1,業種・職種に役立つもの記載

stairs-8443_640
就職活動で企業に提出する履歴書ですが、氏名や住所・学歴だけでなく資格の書き方も重要なポイントとなってきます。
自分が入社を希望する業種に関係ある資格であれば、もちろん書いたほうが印象が良くなります。
一見関係のなさそうな資格でも、業種を取り巻く環境に関係があるものであれば、履歴書に記載したほうが良い結果が得られる可能性が高くなります。

●業種を取り巻く環境に関係がある資格を記載すること!

そのため資格の書き方をきちんと考えて書けば、書類審査の通過率も高くなりますし、必要な資格であれば優秀な人材だということで採用されやすくなる可能性も高まると言えるでしょう。

履歴書の資格の書き方2,誰でも取得できるものはNG!

履歴書に書く資格の書き方で書かないほうが良い資格の書き方とはどういったものでしょうか。
基本的に履歴書に書く資格に関しては、その企業の職種や業種に関係あるものを記載したほうが印象が良くなる傾向があります。

●英検や漢検を記載する場合は等級に注意!

もちろん関係の無い資格でも英検や簿記といった資格であれば、それなりに評価されますので記載したほうが良いと言えます。
しかし英検や簿記などの等級が問題で、記載した英検などの資格の等級が全て誰でも取得できるような低いものだと、それは評価に値しない可能性があります。
むしろ資格をとる努力の跡が見られないため、企業によっては逆効果になる場合もあるので注意したほうが良いでしょう。

履歴書の資格の書き方3,取得中の場合も記載

履歴書に記載する資格の書き方で重要なのは、目指す企業で必要な資格を持っておりそれをいかに伝わるように記載するかということです。
では履歴書に書く資格で、企業に必要な資格を持ってはいないが現在勉強中という場合はどのような資格の書き方が良いのでしょうか。
基本的には取得していない資格なので記載することは出来ません。

●アピール目的で嘘をつくのはNG!面接で直ぐに見抜かれる!

ですが現在勉強して資格取得を目指している、いついつ頃資格取得にチャレンジするという状態であれば、それを資格欄でアピールすることも可能だと言えます。
ただし、本当は資格取得を目指していないのにアピール目的で書くのはNGですし、もしそこを面接などで聞かれた場合、必ずボロが出ますので嘘は記載しないようにしましょう。

資格の書き方で重要なのは正直に書くこと!

履歴書の資格の書き方で一番重要なのは、持っている資格を正直に書くと言うことです。
履歴書の中の記載に嘘があれば、それは虚偽の情報で企業に申し込みをしたと言うことにもなりますし、資格の書き方としては最もやってはいけないことだと言えます。

中には資格を持っていない人もいるとは思いますが、その場合は無い資格は書けませんので正直に空欄で提出するか、実際に資格取得の勉強中ならそのことを記載して提出すれば良いでしょう。
企業が嫌うのは嘘の情報、虚偽の情報ですし、嘘を書くとさらにその嘘を隠すための嘘に繋がることにもなりますから、正直に記載するのが最も重要なポイントだとえるでしょう。