履歴書のみが応募書類の場合の対処法 | 新卒就活.com

2015/11/04更新

履歴書のみが応募書類の場合の対処法

学生が就活をする場合、ネット上からエントリーできる企業の殆どが提出書類として履歴書とエントリーシートを求めるものです。
しかし中には応募書類として「連絡の上履歴書を郵送のこと」としか記載されていない企業もあります。
どの様に対処したら良いのでしょうか。

履歴書のみ提出は中小企業に多い!

paper-315772_640
大企業では大勢の就活生の中から内定者を厳選する必要があります。
その為に最初の書類選考の段階である程度ふるいにかけることもあり、応募書類で判定することもあるのです。
履歴書の他にエントリーシートで少しでも効率的に就活生の能力や意欲を見極めるのです。

~文字は出来る限り丁寧に書くこと!~

しかし中小企業の場合、応募者が少ないことから採用選考にもさほど時間はかからず、面接を重視する傾向にあります。
応募書類も履歴書のみで、あとは実際に面接して判定することから、エントリーシートを必要としないのです。
履歴書のみで応募する場合には、履歴書を丁寧に作成する必要があります。
定められたフォームに手書きで志望動機や趣味・特技を記載することになりますので、特に文字を丁寧に書くことが重視されます。

履歴書のみが応募書類の場合の対処法1,職務経歴書を作成する

応募書類が履歴書のみであっても、職務経歴書を作成して送るという方法もあります。
就活生の場合は職歴がないのであくまでアルバイト経験になりますが、アルバイトを通してどの様なことを学んだのか、その企業に入社したらどんな点で役立つことができるのかをアピールするチャンスとなります。

~職務経歴書は自己アピールできるチャンス!~

企業側が必要ないと言っている以上はあくまで自分の意思で送付するものですので、一言「アルバイトの職務経歴書を作成致しましたので同封致します、宜しければご高覧下さい。」と付け加えましょう。
何もしないよりはした方が良く、職務経歴書を送らなかったことで不合格になった際に後悔したくないものです。
企業側も職務経歴書を送ってくれば熱意を買うことはあっても、余計なことだと不合格にするということはまずしないのものです。

履歴書のみが応募書類の場合の対処法2,添え状は必ず添付する

履歴書のみで応募する場合でも、添え状は必ず必要となります。
添え状はカバーレターというもので、メールを送る際に「初めまして」などの挨拶に当たるものです。
添え状には決まったフォームはありません、それだけに就活生にとっては自己PRを記載することもできるのです。

~入社後に活かせる強みなど簡潔に述べると良い~

A4サイズの用紙に「拝啓」などで始まる挨拶分を書き、「この度○○に掲載されていました御社の求人票を拝見して応募させて頂きます」と続けます。
その下に自分がどうしてその会社に興味を持ったのか、その会社に入社したら役立てるスキルは何であるのかを簡潔に記載すると効果的です。
最後に同封書類の内訳を書いて締めくくりましょう。
添え状は白紙に近くなってしまいがちですので、応募書類が履歴書だけの時には余白を利用しない手はありません。

履歴書のみが応募書類の場合は職務経歴書や添え状を作成しよう!

企業に応募する際には或る程度の積極性を示した方が意欲を買われることが多いものです。
応募書類が履歴書だけと言っても、その条件の中でどこまで工夫することができるのかも自分をアピールするポイントになるのです。
やるだけやって不合格ならば諦めもつくでしょう、努力を惜しまないことです。