履歴書のアピールポイントの書き方における3ポイント | 新卒就活.com

2015/11/10更新

履歴書のアピールポイントの書き方における3ポイント

履歴書のアピールポイントの書き方における3ポイントをご紹介します。
就職活動で人事は、面接や履歴書からその人物の人間性を見てきます。
面接では履歴書が使われることが多いため、履歴書の中にある志望動機や自己PRの欄で自らをアピールすることは非常に重要になってきます。

履歴書のアピールポイントの書き方1,まずは自己分析

GREEN_enpitu-thumb-815xauto-18634
履歴書のアピールポイントの書き方を見るにあたり、まずすべきことがあります。
それは筆を取る前に、自分のアピールポイントをまとめることです。
行き当たりばったりで書き始めると、文章に過不足が生じてしまったり、支離滅裂なものになる恐れがあります。
事前に書く内容をまとめるということが重要です。

●長所や短所を洗いざらい書き出していくこと!

自分のアピールポイントをまとめる際、紙に自らの長所や短所や特徴を書きだすといいでしょう。
そうすることによって、自分を客観的に見ることができます。

自分のアピールポイントをまとめることができたら、次に志望企業の業種や職種などについても軽くまとめましょう。
こうすることによって、その企業に合わせた自らのアピールポイントを書くことができるようになります。
履歴書のアピールポイントの書き方の1つ目は、書き出す前に自己分析をしっかりするということです。

履歴書のアピールポイントの書き方2,自身の特徴と志望する企業・職種との共通点を探す

次に1つ目のポイントであげた自分の特徴と志望企業の特徴を照らし合わせながら、書くべきポイントを具体的にまとめていきましょう。
これが履歴書のアピールポイントの書き方の2つ目のポイントです。

~志望する企業や職種の特徴と自分のアピールポイントを照らし合わせる!~

ここでは志望企業の職種が営業だと仮定して考えていきます。
営業という職種ではコミュニケーション能力やプレゼンテーションの能力が必要です。
それを念頭に入れて、事前に列挙した自らの長所や短所を見ます。
その中に「誰とでも仲良くできる」「場を仕切るのがうまい」「人を説得するのが得意」「あらゆる角度から物事を見ることができる」といったコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力に関する長所がありましたら、積極的に取り入れましょう。
このように、志望企業と自らのアピールポイントを照らし合わせ、具体的に書くことを決めるのが履歴書のアピールポイントの書き方の2つ目のポイントです。

履歴書のアピールポイントの書き方3,文章の構成は長所→短所&改善策→まとめ

実際に書くにあたって、人事に好まれる文章構成を紹介します。
そしてこれが履歴書のアピールポイントの書き方の3つ目のポイントです。
早速文章の構成を見ていきます。
文章は「長所→短所→まとめ」の順に書くといいでしょう。

~結論を先に述べてから文章を書き足してく書き方が適切!~

その際、なるべく結論を先に書くようにしましょう。
どういうことかといいますと「私の長所は誰とでも仲良くなることです。なぜなら〜」「私には、1つのことしか見えなくなってしまう短所があります。ですがそれについて〜」このように結論を先に述べ、その次に結論についての文章を書き足していくということです。
最後に、自らがいかに志望企業に利益を与える人間であるかを述べ、文章をしめましょう。
企業は、自社にどれだけ利益を与えてくれるかを見るため、このまとめは非常に重要です。

このように文章の構成を意識することこそが履歴書のアピールポイントの書き方の三つ目のポイントです。

履歴書のアピールポイントの書き方で重要なのは自分を採用する企業側のメリットを示すこと!

以上履歴書のアピールポイントの書き方における3ポイントをご紹介しました。
履歴書のアピールポイントの書き方のポイントは、書くことをまとめ、それを吟味し、構成を意識して書き出すということです。
履歴書でのアピールは就職活動において非常に重要です。
アピールポイントの書き方で悩んでいる方がいましたら、参考にしてみてはいかがでしょう。