履歴書のサンプルを有効に活用する方法 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書のサンプルを有効に活用する方法

履歴書のサンプルを有効に活用する方法を紹介します。
履歴書の作法やテンプレートを開設するサイトも多く、得意分野のアピール方等を詳しく説明する場合も増えています。
しかし、不安になってしまいますよね。
そんな時に頼りになるのが、実際の就職活動に使われた履歴書のサンプルをチェックする方法です。

履歴書のサンプル活用法1,配置が似たものを利用する

spectrum-113364_640
一般的なサイトに掲載される履歴書のサンプルは採用のプロが作成する事も多いものです。
実際の人事担当者などが基本を解説する場合も多く、それぞれ独自の視点で書き方の長所や短所を説明しています。

また、履歴書のサンプルも種類が多いのは、手書きにこだわる企業が多い一方で、パソコンなどで文書作成から要求する企業も出ているからです。
実務では手書きをほとんど使わないとい理由で、スキルテストがわりに履歴書の作成となるケースも有るのです。

~自分の方向性に合ったサンプルを使うこと!~

そのため、自分の方向性にあったサンプルを選ぶのが第一歩です。
レイアウトや、文字数のバランスは非常に重要な部分です。
また、市販の履歴書を買って手描きする場合も、配置が似たサンプルを利用するのも大いに役立ちます。

履歴書のサンプル活用法2,実際の履歴書を参考にする

履歴書のサンプルの実効性に疑問を持ってしまうケースや、自分の書きたいことと一致していない場合は、実際に使われた履歴書を参考にする方法がお勧めです。
実際に使われた履歴書を履歴書のサンプルとして公開しているサイトもあり、業種別や、企業別と言った検索機能までつけている場合もあるのです。
数を揃えている場合も多く、実際に内定を得るにはどのようなアピール方法があるのかを知る事が出来ます。

~文章テクニックを真似するのはOK!~

重要なのは、ある程度数を見て、真似るべきところを真似ることです。
特に志望動機や自己PRは参考になります。短い文章の中でいかに工夫するか、言葉の表現をどうするかは見所とも言えます。
採用者目線でどう見えたのか深堀りするのも、大きなプラスになります。

履歴書のサンプル活用法3,最新の情報をチェックする

履歴書のサンプルを多く見ていると、基本の共通項は同じでも、アドバイス内容などと実際の履歴書でかけ離れてくる場合もあります。
それは、年度ごとのニーズの違いであることや、それぞれ重視するポイントが異なる場合もあるためです。
履歴書のサンプルで注意したいのは、すべての採用担当者に好まれるサンプルは存在しないと言うことです。
ただし、好かれる確率の高い履歴書は確実に存在するのです。

~履歴書のサンプルにもトレンドがある!その時のニーズに合わせた書き方が重要~

多くの人に好かれる履歴書が好まれるか、部分的でも個性が強い履歴書が良いのかは企業によっても異なります。
年度ごとの履歴書のトレンドを掴むため、実際使われた最新サンプルを積極的に導入するサイトもあり、サイトの更新情報をチェックすることも重要な要素言えます。

履歴書のサンプルを有効に活用する際は自分の方向性に合ったものを選ぶこと!

以上、履歴書のサンプルを有効に活用する方法についてご紹介しました。
履歴書のサンプルは様々あり、自分にあったサンプル書式と、実際に使われた履歴書の内容を参考にし、それぞれの長所を取り込む方法が賢い使い方と言えます。
一方、年度によっても履歴書で重視されるポイントが変わることも有あるため、常に最新情報をチェックして参考にする事も方法の一つなのです。