履歴書の内容の適切な書き方について | 新卒就活.com

2016/09/14更新

履歴書の内容の適切な書き方について

履歴書の内容の適切な書き方についうてご紹介します。
履歴書は就活生なら一度は出すことになるであろう重要な書類です。
もちろん第二新卒や中途になっても書く必要性があります
履歴書の内容はもちろん大事ですが、外見も見るべきポイントです。
では、以下で見ていきましょう

履歴書を書くときに重要なのは?

sketch-926667_640

履歴書を書くときにどうしても気になるのは内容ですが、採用担当者がまず真っ先に見るところがあります。
それは、丁寧に書かれているかどうかです。

~履歴書は内容を丁寧に書くこと~

履歴書の内容がいくら素晴らしいものであっても、誤字脱字や汚い字で書かれたものは弾かれます。
選考という大切な場面で、適当に作った書類を出されたのでは、一緒に仕事にしていきたいとは思えませんよね。
逆に、字が汚くても丁寧に書かれているものであれば好印象です。一緒に働いたときに、ミスがないよう丁寧に仕事をするということが想像できるからです。履歴書からも自分の性格をアピールできるよう、とにかく丁寧にかくことを心がけましょう。

履歴書の内容の書き方1,志望動機

履歴書は名前の通り、自分の経歴を書いていきます。
つまり、事実のみを書いていくんです。難関国立大卒業で資格もたくさんもっているならばそれだけで良い印象になりますが、実際は他の人と差がつけられないような内容の履歴の人がほとんどです。
ではライバルたちとどこで履歴書の内容に差をつければよいのでしょうか?

~伝えたい要点を絞り込んで簡潔にまとめよう!~

それは、志望動機です。
会社に入りたい熱意、自分が頑張ってきたこと、自信が持てることなどを書いていきましょう。
ただし、欄が小さいのがネックなのです。はみ出してまで書くと印象が悪いので、特にアピールしたいところ、採用担当者に伝えたいことは何かを考え書くようにしましょう。

履歴書の内容の書き2,資格

履歴書の中にある資格欄の書き方は就活生が迷う場所の一つです。会社に関係あるような資格、二級以上などが主に書くべき基準となります。
ただ、最近はたくさんの資格があり、会社に関係ないものでも記載しておくことで、自分自身に興味を持ってもらえる可能性があります。
例えば趣味の欄に『旅行』と記載し、資格の欄に『世界遺産検定二級』とあれば、口だけでなく、本当に旅行が好きな人という印象を採用担当者に与えることができます。

~会社に関係あるような資格を記載すること!~

そして、面接でも志望動機や自己PRなど形式で話す内容だけでなく、資格のことで質問され、雑談のように話せる可能性も増えます。
あまりにも関係ない資格の内容は書くべきではないですが、ネタになりあそうなものであれば、履歴書に書いて良いでしょう。

履歴書は内容よりも外見が重要!丁寧な字で書くこと

いかがでしたでしょうか?履歴書は面接へ進むために必要な書類です。どうしたら自分に会ってもらいたいかを考えるには、自分だったらどんな人に会いたいかを考えてみて下さい。
そうすれば、履歴書の書き方や内容の方向性がおのずと決まってくるはずです。
そして、一度方向性が決まれば応募する企業によって書かなくてはいけない履歴書も、内容がある程度決まっているので書きやすくなります。
効率化が進み、スピードアップにつながるのです。自分で百点満点と思える履歴書をまず作成し、それをベースにたくさんの履歴書を書けるようにしていきましょう。