履歴書の動機の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書の動機の書き方とポイントについて

履歴書の動機の書き方とポイントについてご紹介します。
履歴書の動機、どのようなアピールを含めて書いていますか?
コツを押さえ、NGとならないよう注意です。
履歴書の動機を書く欄は、自由に書き込める自己PRの欄です。
無駄にしないように押さえておきたい点をまとめてみました。

履歴書の動機を書く時の3つのコツ

notepad-925996_640
履歴書の動機を書く上で、いくつかのコツを押さえておきましょう。
ただなんとなくレベルで志望動機を書いてしまってはいけません。
自分よがりになってしまっている履歴書の動機は、採用担当からしてもまったく魅力を感じないものです。
以下の3つに注意しながら書くようにしましょう。

●明確なキャリアビジョンを持つ
まずは、明確なキャリアビジョン、つまりは将来どうなっているかの設計図を頭の中に描いておきましょう。
その上で、計画性のある選択をしていくんだと、履歴書の動機の欄でアピールします。
企業目線に立ってみると、無計画な人材の採用よりも、意思を持っている人材の方が採用後の早期退職のリスクを感じさせません。

●企業との相性を感じさせる
次に、企業的に「相性良し」と感じさせるような履歴書の動機の書き方をしましょう。
企業が求める人物像をしっかりと把握し、業務上で活かせる経験や人格をアピールすることが大切なのです。
そのためにも、まずはしっかりと企業研究を済ませて、志望企業の特性について理解しておくようにしましょう。

●自分の強みをアピールする
記号の特性を把握したら、過去の経験(アルバイトや前職)から『活かせるようなスキル』を何かひとつ打ち出して書くようにしましょう。
どんな経験でも、意外と言い回ししだいではアピールにすることが可能です。
リーダーシップ、協調性、管理能力など、企業にとって有益となるような自分の強みをアピールしましょう。

履歴書の動機を書く時の注意点

履歴書の動機を書くときに注意しておくべきNG例も把握しておきましょう。
あらためて見ると「これは確かに……」と思うようなことばかりですが、意外とやってしまいがちなNGなので、注意です。

●曖昧な書き方はNG!!受け身の姿勢や本音すぎる内容も避けるべし

下記のような、具体性のない適当と思われそうな書き方や、最初から教わる気満々な姿勢、さらには本音すぎる志望動機などは当然、採用担当側としてもいい気にはなりません。

【志望動機のNG例】

・「とにかく感動しました」
・「人の役に立つ仕事がしたい」
・「エンジニア(職種)の仕事がしたい」
・「スキルがないので学んでいきたい」
・「きちんと休めそうだから」
・「残業をしたくないので」

履歴書の動機で重要なのは企業に有益となる存在だと思わせる書き方!

履歴書の動機の書き方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
3つのコツに沿った内容で志望動機を書くようにし、かつNG例のような中身のない書き方だけはしないようにしましょう。
履歴書の動機を書き終えたとき、自分が採用担当になったつもりで書いてみることが大切です。