履歴書の志望の動機の書き方とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書の志望の動機の書き方とは

履歴書に必ず書かなければならないのが志望の動機。
ここがしっかりしているかどうかで希望の会社から内定をもらえるかもらえないかが決まると言っても過言ではありません。
ここでは、履歴書の志望の動機を書くときのポイントを整理していきましょう。

履歴書の志望の動機の書き方1,入社への熱意を伝える

people-220284_640

人事担当は、会社が採用する人材として適しているのかどうかを見ています。
応募者が会社が採用したいと思っているような人材なのかは会ってみなければ判断できないという会社であれば、最低限の基準さえ満たしていれば書類選考は通過しますが、中には面接する人数を減らすために書類選考で大幅に人数を減らす会社もあります。
ここで、履歴書の志望の動機は大きな判断材料となります。

~自分のキャリアイメージをはっきりと伝えること~

自分の中で、今後どのように仕事をしていきたいのか、自分は何をしたいのか、キャリアイメージは浮かんでいますか?
履歴書の志望の動機を書くためには、志望する会社で働く自分の姿が映像できなければなりません。競合している他社ではなく、なぜその会社でなければそのキャリアイメージが実現できないのかを書けばよいのです。

履歴書の志望の動機の書き方2,人事担当は企業研究の深さを見ている

ありきたりな履歴書の志望の動機では、使いまわしていると疑われます。
志望している業界全てに通じるような志望の動機では、人事担当の心をつかむことはできません。
他の会社にも同じことを言っているのだろうと思われてしまったら一環の終わりです!志望している会社の取り組みに積極的に参加する意思を見せたりできるような志望の動機を書きましょう。

~面接で質問したときの回答に一貫性があるかも見られている~

面接でも志望の動機は聞かれます。
履歴書の志望の動機に書かれてあることと一貫性があるかどうか、きちんと会社のことを本当に理解して応募してくれているのかを見ています。より深い情報を調べていることを面接でアピールできるように、履歴書の志望の動機を書くときに会社情報を細かくメモしておくといいでしょう。

履歴書の志望の動機の書き方3,NGが出る履歴書の志望の動機とは

履歴書の志望の動機の書き方がいまいちわかっていないと、書類選考さえ通らないという事態におちいりかねません。
自分の履歴書の志望の動機が以下にあてはまっていないか、今すぐチェック!

・感情的なものはNG

「御社のここに感動した」「御社のここがいいと思った」など、感想に終わってしまうようなものにならないようにしましょう。

・抽象的なものはNG

単に、「企業理念に共感した」などといったあいまいなものも志望の動機として印象がよくありません。

・「勉強させていただきたい」はNG

会社としては、採用後に従業員としていかに会社に貢献してくれるかを期待して応募者を面接しています。
会社から与えられる知識を期待するだけの志望の動機では、この人材が欲しいとは思ってもらえません。

履歴書の志望の動機の書き方では入社の熱意を伝えること

いかがでしたでしょうか。こういったことを念頭に履歴書の志望の動機が書けていますでしょうか。
小手先の履歴書の志望の動機では、会社側はあなたを積極的に採用したいと思ってはくれません。ライバル達から抜きん出るためには、業界研究を重ね、そして、応募した会社の細かい情報を拾って「私はこれだけ御社のことを熱心に調べている」ことをアピールするのが大切です。
みなさんが活躍できる会社から内定をもらえることを祈っています。