履歴書の志望動機と自己PRの書き方で重要なポイント | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書の志望動機と自己PRの書き方で重要なポイント

履歴書は就活生のとって欠かすことができない書類の1つです。
主な項目は自分の経歴を説明するようになっていますが、志望動機はあなたがその企業に抱く想いをアピールするスペースです。
就職活動の第一歩となる履歴書。
今回はこの履歴書の志望動機と自己PRを書く上で大切なことを3つご紹介します。

履歴書の志望動機も自己PRも自分アピールするスペース!

letters-867673_640
履歴書に書く志望動機も自己PRも大切な自分アピールツールです。
採用担当者はこの2つを見て書類選考を通過させるかさせないかを判断します。
そのためここではしっかりと、「企業に対しての意欲」をアピールしましょう。

~企業に貢献できる能力をアピールするのが効果的!~

簡単なアピール方法としては、志望動機や自己PRの最後に「自分がいかに企業に貢献できるか」を書くことです。
例えば自己PRで自分には継続力があるという強みをアピールしたとします。
自己PRの最後には「この継続力を持って貴社の業務をコツコツとこなしいち早く貢献したいと思っております。」と、企業への意欲をアピールしましょう。
志望動機においても同様にアピールすることで、書類選考を通過できる履歴書となります。

履歴書の志望動機と自己PRの書き方1,内容に具体性をもたせる

履歴書の志望動機と自己PRを抽象的に書く人がいますが、それでは採用担当者に何も伝わりません。
常に具体性を持って伝えるよう心がけましょう。

例えば志望動機ならば「なぜこの企業でなくてはいけないのか」を過去の経験をもとに書いてみましょう。
自己PRならば「アピールする強みが発揮されたエピソード」を交えて書きましょう。
具体的な話を出すことにより信憑性が増し、採用担当者の印象に残りやすい履歴書になります。

~虚偽の内容を書くのはNG!面接でボロが出る可能性もある~

しかし注意してほしいのが決して虚偽の内容を書かないことです。
話を多少誇張することはかまいませんが、嘘を書くのはやめましょう。
嘘を書くことにより後々自分の首を絞める結果になるだけなので、多少誇張するだけにおさえてください。

履歴書の志望動機と自己PRの書き方2,丁寧に書く

採用担当者が履歴書の志望動機と自己PRで着目しているのは何も書かれている内容だけではありません。
書かれている字にも着目しています。
これは「綺麗な字をしているか?」ではなく、「丁寧に書かれているか?」に着目しています。
どんなに綺麗な字をしていても丁寧に書かれていないものは見ている人の目には分かってしまいます。
もし丁寧に書かれていない字であった場合、「いいかげんな性格」と採用担当者にマイナス印象を与えてしまい選考に通過できないことも十分に考えられます。

~字はその人の性格を表わす!綺麗な字でなくとも雑には書かないこと~

そのため字はとにかく丁寧に書くことを心がけてください。
字がさほど綺麗でなくとも、一文字一文字丁寧に書けばその姿勢はしっかりと採用担当者に伝わることでしょう。

履歴書の志望動機と自己PRの書き方で必要なのは具体的なエピソード!

以上履歴書の志望動機と自己PRの書き方で重要なポイントを見ていきました。

●嘘はつかないこと
●内容は具体的に書く=信憑性が増す!
●綺麗な字でなくとも丁寧に書くこと!

いかがでしょうか?今回は履歴書の志望動機と自己PRで大切な3つのポイントをご紹介しました。
書類選考は就職活動の第一歩であり、ここを通過しなければ面接にたどり着くこともできません。
今回ご紹介したポイントをしっかりとおさえて選考に通過する履歴書を作りましょう。