履歴書の志望動機と面接の志望動機のポイントとは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書の志望動機と面接の志望動機のポイントとは

履歴書の志望動機と面接の志望動機を答える時にはポイントを押さえておくと良いですよね。
履歴書の志望動機の場合は文書記載ですから押さえるべき部分を記載しておきましょう。また、面接での志望動機では事前に準備を整えておく事が必要です。

履歴書に記載する志望動機のポイント

dog-734689_640

履歴書の志望動機と面接の志望動機は就職活動生にとって重要で、まず履歴書に記載する志望動機や理由の書き方に関しては、基本的な構成を押さえて書くと簡潔に理由を示す事が出来ますし、見る側としても伝わりやすくなって好印象になります。

こうした履歴書で記載する内容は個性重視ではなく、テンプレートに沿って誰が見ても伝わりやすいように書く事が有効です。

・会社に興味を抱いた過程
・興味を抱いてどう思ったのか
・希望する会社で働きたい思いやその会社である必要な何か

これらの3ポイントを押さえておくと良いです。

~履歴書は心をこめて志望動機を記載すること~

履歴書の志望動機と面接の志望動機において、履歴書は個性重視では無いです。
しかし、心を込めて志望動機を書く事は必要ですし、解りやすく情熱を持って記載しましょう。
職種や業界によって求められる事には違いがあるものの、基本的には上記のような3ポイントに沿って書く事が望ましいです。

面接の志望動機において答えるべきポイントとは

就職活動生は履歴書の志望動機と面接の志望動機といった第三者に意志を伝える能力は必須です。
面接の志望動機に関しては履歴書で解答した事をそのまま読むだけはなく、相手の反応も見ながら答える必要があります。

特に就活生にとって複数の会社を受けるという方も多く、第一志望の所を受ける場合はその会社に入りたい思い等をそのままぶつける事が可能ですし、情熱が伝わるというのは面接において極めて重要です。

~必ず第一志望であることを告げること~

しかし、その会社が第一希望では無い場合に、面接でうちが第一希望かどうか問われる事もあり、そういう場合には御社に入社する意志があると答えると良いでしょう。

履歴書の志望動機と面接の志望動機に関しては、自己PRや動機が纏まれば声に出して読み上げてみる事が望ましいです。

録音して面接官視点で客観的に聞けば表現の甘さや改善点を見つけて磨きをかける事が出来ます。

面接では抽象表現を避けてアピールすること

履歴書の志望動機と面接の志望動機を纏めて、本番の面接にまで行けば自己PRを求めらえる事になります。

こう言われた時の答えとして、誰とでも仲良く出来ます、社交性があります、問題解決能力があります、協調性が高いです、と言うような第三者がどう判断すれば良いか迷うような事はNGと言えるでしょう。

~具体的なエピソードを必ず盛り込むこと~

抽象的過ぎて面接官にアピールする事は難しいですし、就活生はどういう経験を行って、何を感じる事が出来て、それらを自分でどのように解釈しているか、抽象的ではない具体的なエピソードを伝える事が有効になります。

履歴書の志望動機と面接の志望動機を考える時にも、自身の経験と動機を結び付ける事が有効であり、面接において自身を売り込む事ばかり先行して、主観のみでアピールは避けたいものです。

経験と具体的なエピソードを交えて語ると説得力が付き、アピール力が高くなります。

履歴書の志望動機と面接の志望動機は具体的なエピソードを必ず盛り込むこと

履歴書の志望動機と面接の志望動機は具体的なエピソードを必ず盛り込みましょう。
履歴書の志望動機と面接の志望動機を整理し、それらを客観的にチェックする為に声に出して録音してみると、伝わりやすいアピールが出来ます。
また、自分を売り込むには情報の整理や伝え方というのは極めて重要な事です。