履歴書の志望動機に自己PRを盛り込む方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書の志望動機に自己PRを盛り込む方法

履歴書の志望動機の中に自己PRを盛り込む方法をご紹介します。
履歴書の志望動機の欄はあまり長々と書くことはできません。それゆえに、志望動機の中に自己PRまでもりこんでいけている方はあまりいないでしょう。
しかし、良い履歴書の志望動機とは必ず自己PRを盛り込んでいるものです。

履歴書の志望動機に自己PRを盛り込む方法1,活かせる能力を書く

hand-1008102_960_720
履歴書の志望動機の中に自己PRをもりこむ方法として、まずそこでないと活きない能力をアピールするということが必要です。
履歴書の少ない志望動機の文字数で志望動機に説得力を持たせ、かつ自己PRもするのであれば自己PRのアピールポイントが、ここでしか活かせない、あるいはそこで特に活きるからという志望動機にするのが一番でしょう。これならば志望動機の説得力もあり、かつ自己PRもできます。

●徹底した企業研究することが必要!

こうして履歴書の志望動機に自己PRをうまく盛り込もうと思ったら、自己PRのアピールポイントがそこでしか活かせない、あるいはそこで特に活きるという理由を明らかに出来ないとなりません。業務内容を良く調べたり、社員の方に話を聞いたりして、その会社の事をじっくりと調べあげていきましょう。

履歴書の志望動機に自己PRを盛り込む方法2,アピールポイントの証明をする

履歴書の志望動機の欄で自己PRと志望動機を上手くからめたら、そこでアピールしたアピールポイントを自分が持っているということを証明していかないとなりません。
そのためには、どうしてそのアピールポイントを知覚したのかというエピソードなど、それを手に入れる際の具体的なエピソードも記載していきましょう。

●長々と書くのはNG!要点だけ記載すること!

ただしあくまでも履歴書の志望動機の欄なので、それを、「いつどこで」とこと細かに説明していくだけのスペースは使えません。
それを述べる際には、要点だけをしっかりと伝えるようにしていきましょう。
「接客のアルバイト中、常に明るくあろうと心がけていたら、お客様に笑顔を褒められることが多くあり、私は笑顔が武器になるのだと気が付きました。」という程度で良いでしょう。それで十分自己PRの証明になります。

履歴書の志望動機に自己PRを盛り込む方法3,将来の活かし方を述べる

そうして履歴書の志望動機の中で自己PRと志望動機を上手くからめるためには、アピールポイントを将来どう活かせるかということを述べていくことも必要です。
自身の強みや能力を、志望先の企業でどう活かすかをきちんと述べることで、そこで長く働きたいという熱意があることがつたわり、より強い志望動機となるのです。
熱意が伝わらないのであれば、履歴書の志望動機の中で自己PRを上手く絡めているとは言えないでしょう。

●将来のビジョンは会社の状況を踏まえた上で具体的に書くこと!

このときの将来のビジョンも、具体的なことを語らないとならないのです。
「今貴社が手掛けている○○が3年後には○○になっていると思うので、私の○○という能力をそこで○○というように活かしたいです。」と会社の状況等とも合わせて具体的に語るのです。
そうして、将来的にもそこで自分のアピールポイントが活かせると納得してもらえたら、そこでないとダメな理由も増えますよね。
そうやって志望動機が強くなるのです。

履歴書の志望動機に自己PRを上手く盛り込むためには徹底した企業研究が必要不可欠!

以上、履歴書の志望動機の中に自己PRを盛り込む方法のご紹介でした。
履歴書の中で志望動機と自己PRを上手く絡めていくためには、しっかりと企業研究をすることがとても大切です。
企業研究に時間をかけて、上手く自己PRと絡めた強い履歴書の志望動機を作り上げていってください。