履歴書における志望動機の書き方【未経験編】 | 新卒就活.com

2016/09/15更新

履歴書における志望動機の書き方【未経験編】

履歴書の志望動機の書き方【未経験編】をお教えします。
希望している職種が未経験の場合、履歴書に書く志望動機の書き方には迷うものですよね。
どうアピールしていけば良いのか悩んでしまうという方には必見のページです。
志望職種が未経験の場合の履歴書の志望動機の書き方をみていきましょう。

履歴書の志望動機の書き方1,興味を持ったきっかけを説明

sun-in-the-hand-615285_640
希望する職種が未経験の場合には、履歴書に書く志望動機の書き方も少し変わってきます。
そういう時の履歴書の志望動機の書き方としては、まず興味をもったきっかけを記載するのが適切です。
未経験であっても、それに興味を持ったきっかけが分かればどのくらいの強い気持ちがあるのかが分かるようになります。

~ありきたりなエピソードにならないよう注意!~

その気持ちが強いと思ってもらえれば、たとえ未経験であってもこれからどんどん勉強して使える人材になっていってくれることだろうと思われ、評価してもらえるようになります。
ですから希望する職種が未経験の場合の履歴書の志望動機には、なるべくありきたりにならないように自分だけの具体的なエピソードを交えつつ、どうしてそれに興味を持ったのかという興味をもったきっかけを記載していってください。

履歴書の志望動機の書き方2,努力している姿勢をみせる

未経験からその職種にチャンレンジしたいと思っているのに、今その職種の為にしていることがないというのは矛盾していますよね。
もし本当にその職種への就職をかなえようと思っているのであれば、今すでに勉強したりしているはずです。
ですから履歴書に書く志望動機の書き方として、きちんと今頑張っていることを記載していくことも大切なのです。

~今頑張っていることをアピールしよう!~

「今はまだ未経験ですが、実際に働くときの為に今こんなことをして少しでも力になれるように努力しています。」というようなことをうまくアピールしていってください。
興味を持ったきっかけが過去のことなら、次には「今のこと」を説明していくのです。
そうして経験の代わりにいろいろな角度からアピールするというのが、希望する職種が未経験の場合の履歴書の志望動機の書き方です。

履歴書の志望動機の書き方3,活かせる能力を述べる

たとえ未経験であったとしても、何かしらそこで活かせる力も持っているものです。
ですから希望する職種が未経験である場合の履歴書の志望動機の書き方としても、そうした今持っているそこで活かせる能力をアピールするというのが望ましいです。

~能力を証明できるエピソードが必須!活かし方も説明しよう~

また記載するのであれば、同じようにその能力を持っていることを証明するエピソードを記載するというのも履歴書の志望動機の書き方としては大切になります。
能力の証明にはエピソードは必要不可欠です。
かならずどうしてそういう能力をもったのかというエピソード共に、そこで活かせる力を紹介し、その能力の活かし方もきちんと説明してみてください。
すると良い志望動機になり、未経験であっても魅力的に思ってもらえるようになるでしょう。

履歴書の志望動機の書き方は未経験でも活かせる能力をエピソードと共にアピール!

以上、志望職種が未経験の場合の履歴書の志望動機の書き方のご紹介でした。
たとえ未経験であってもこうしてアピールしていけば、きっとそこでの就職を勝ち取ることが出来るようになるでしょう。
とくに第二新卒の場合は、在職期間がが短い場合が多いので志望動機は書きにくい部分があるかと思います。
ですが、第二新卒とは一度は就業して業務に携わってきたわけですから、何かしら活かせる能力はあると思います。
経験の差はどうすることもできませんから、今あるカードで勝負するしかありません。
これらのことを参考に今あるカードで勝ち抜いていけるようになっていってください。