履歴書の志望動機の書き方とは?担当者の目に留まるポイント | 新卒就活.com

2016/08/29更新

履歴書の志望動機の書き方とは?担当者の目に留まるポイント

履歴書の志望動機の書き方とは何でしょうか。担当者の目に留まるポイントをお教えします。就活を始めたばかりだと、履歴書の志望動機の書き方も分からないものですよね。ですから、ここで採用担当者の目に留まるポイントを押さえておいて、今後の就職活動に役立てましょう。

履歴書の志望動機の書き方1,丁寧で見やすい文字を心掛けること

cc-library010011020

就職活動において履歴書の記入は、採用への第一歩となる大切な作業です。
手書きでの記入が基本で、誤字脱字に気をつけるのはもちろん、丁寧で見やすい文字を心掛ける事が大切です。書き方の書式は、履歴書用紙に付属されている記入例などを参考にすれば間違いがないでしょう。

~志望動機には熱意を込める!ただし通り一遍な場合には手を抜いた印象が残る!!~

履歴書を記入する際に最も重要になるのは、志望動機の書き方です。採用担当の方も学歴同様に、この部分に注目します。

熱意が感じられる志望動機や、説得力のある内容には心が留まり、書類審査の段階で好印象を与えられます。

逆に通り一遍な内容の志望動機の場合には、手を抜いた印象が残ります。例えば「貴社の業務内容に惹かれ応募します」と言った内容です。多くの履歴書の中で、心に留めてもらうには、このような簡素な書き方は、避けた方が良いでしょう。

履歴書の志望動機の書き方2,企業のどこに惹かれたかをアピール

履歴書の志望動機の記入欄は、スペースが限られています。その中でしっかり動機をアピールするには、簡潔に言いたい事をまとめる事が重要です。

前もって文章を推敲してから履歴書用紙に記入するようにしましょう。

~志望動機の内容は「なぜその企業か」「どこに魅力を感じたか」を明記しよう!!~

志望動機の内容でまず大切な点は、その企業を選んだ理由です。具体的には次の2点を参考に記入しましょう。

・その企業を何故選んだのか
・その企業の何処に魅力を感じたのか、

多くの企業の中から、何故その会社を選んだのかがハッキリ分かる内容が必要です。
より具体的に記入すれば、その企業への関心度の高さが伝わります。例えば業績面、業務内容、会社の姿勢、社員の活動、社会貢献などがあります。具体的な惹かれた部分を織り交ぜて記入すると良いでしょう。就職への意気込みが感じられ、前向きな姿勢も伝わります。

履歴書の志望動機の書き方3,その企業で「何をしたいか」を積極的にアピール

man-162951_640
企業を選んだ理由に加えて、履歴書の志望動機で押さえておきたいポイントは、その企業で自分はどう活躍したかをしっかり伝えることです。具体的な職種の内容も含めて、モチベーションを伝えましょう。
例えば
・その会社に入った場合の業務内容に即した実現したい目標
・個人として、業務を通して成長したい目標

より具体的な目標であれば、説得力があります。

~モチベーションアップを伝えるために「どう活躍したいのか」をアピールすれば通過しやすくなる~

ポイントは、履歴書の志望動機を見た採用担当の方が、社員として活躍を期待できる内容であることです。モチベーションが感じられ、具体的な目標が定まっていれば、仕事を任せたい、採用したいという気持ちが働き、面接へ繋がる可能性が高くなります。採用される事を前提に、その企業でどう活躍したいのかをアピールすると良いでしょう。

履歴書での志望動機は丁寧で見やすい文字を・どこに惹かれてどう活躍したいのかをアピール!!

採用へのステップの多くの場合は、書類審査がファーストステップになります。この段階で面接に繋げるには、履歴書の書き方が第一関門と言えます。特に志望動機は大変重要な項目です。会ってみたいと思わせる内容をしっかり吟味しておきましょう。

書類審査が通れば、面接でしっかり自己アピールできますが、書類審査が通らなければ次のステップに進めません。
履歴書の志望動機が全てではありませんが、書類審査の段階でできうる最大限に重要なスペースと言えます。まずは希望する企業について良く調べましょう。

そして、その企業の魅力をまとめましょう。さらに企業情報を元に、自分なりの目標ややりたい事を練りましょう。それらを簡潔な文章にまとめ、志望動機としてしっかり履歴書でアピールしましょう。