履歴書の志望動機の書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/08/31更新

履歴書の志望動機の書き方とポイント

履歴書の志望動機の書き方とポイントをご存知ですか?
履歴書で重要なのは志望動機の書き方です。
それによって選考が左右されると言っても過言ではありませんので、書き方には注意しなければなりません。
履歴書の志望動機の書き方で気を付けたい点をご紹介します。

履歴書の志望動機の書き方1,具体的な理由が必要

office-620817_640
日本では大学を卒業してから就職をする、という風習が当たり前となっているのでなぜ働くのかを考えずに就職活動をしてそのまま入社するなんてことも珍しくありません。
そのためまずは履歴書の志望動機の書き方を学ぶより先に、自分はなぜその企業で働きたいのか?を考えることが重要となってきます。

●なぜその企業で働きたいのかを明確にする!!

就職活動をする上での目標や目的をしっかりと持っている人は気持ちにブレがなく、逆にそれらがない人はブレが生じそれが面接官に伝わりマイナス評価となっていまいます。
具体的にするべきことは、その企業で働きたい理由を書き出していきましょう。
そしてその後に自分が今までしてきた経験と結びつけて、そこから志望動機を考えるのです。

事項から履歴書の志望動機の書き方をご紹介します。

履歴書の志望動機の書き方2,抽象的は表現はNG!

以下に例文を出し、それに沿って履歴書の志望動機の書き方を説明します。

・御社の企業理念である、お客様のためにという点に共感しました

この例文は一見まともなことを言っているように見えますが、実際は企業の事業内容ななどに触れている部分がなく抽象的になってしまっています。
自分にとって企業のどこに興味を持ったのか具体的に書くことが大切です。
さらに御社とは基本的に話し言葉で使うものなので、志望動機を書く際は貴社と書きましょう。
以下に添削後の文を記載します。

・貴社の製品開発から納品までの工程を全てお客様からの目線で行っているという点に共感いたしました。

添削後の文を見てみると、しっかりと事業内容を具体的に捉えているのがわかりますね。
次項でも履歴書の志望動機の書き方の注意点をご紹介します。

履歴書の志望動機の書き方3,手書き

最近では履歴書をパソコンで作成する人も増えていますが、企業によっては手書きにこだわるところもあります。
そのため、上手な字がかけなかったとしても手書きで書くことをおすすめします。
例えばみなさんが親しい友人から手紙をもらうとき、パソコンで作ったものよりも手書きで書かれているものの方が気持ちが伝わりますよね?
それと同じように、履歴書も手書きで書くことによりその真剣さが企業へと伝わります。
手書きで書くことは履歴書の志望動機の書き方においてとても大切なことです。

●客観的な意見を取り入れること!!

さらに企業側が読みたい!と思わせる文体で書くことが重要です。
そのために家族や友人に履歴書を見てもらい、客観的な意見を取り入れることも大切です。
履歴書の志望動機の書き方で大事なのは、何を書くかだけにとどならないことを念頭に入れておきましょう。

履歴書の志望動機の書き方には具体的な理由が必要!

いかがでしょうか?今回は履歴書の志望動機の書き方についてご紹介しました。
最後にお伝えしたいのは履歴書の志望動機は余裕をもって、ゆっくりと時間をかけて書くことです。
まずはなぜその企業に入りたいのか?をしっかりと考えましょう。
この志望動機を明確にすることができれば、あとは履歴書の志望動機の書き方に気をつけるだけです。
就職活動が始まる前からしっかりと準備をすることが大切です。
時間はいくらあっても足らないということはないので、計画的にいきましょう。

今回ご紹介した注意点をしっかりと踏まえたうえで、履歴書を書けば面接官に好印象を与えることは間違いありません。
ポイントをしっかりとおさえ、履歴書を完成させましょう。