履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイント | 新卒就活.com

2016/08/30更新

履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイント

履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイントをお教えします。履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイントを知っていれば就職活動をスムーズに進める事が出来ます。どうしても志望企業に内定したい方は履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイントをチェックして、本番に臨みましょう。

履歴書の志望動機で求められることとは

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s
履歴書にある志望動機には何が求められているのでしょうか。端的に言うなら、その企業に応募した最大の理由を論理的に説明することです。
企業は必ず、論理的な説明を好んできます。その場その場での取り繕ったような説明には、耳を貸さないのです。

~志望動機を書く時にはなぜその業界に興味を持ったのかのエピソードを記載すること~

では履歴書の志望動機をどのように説明すると良いでしょうか。過去、現在、将来に関してトータルで説明すると良いでしょう。つまり、過去においてなぜ自分は、この業界に関心を持つようになったのか。そのきっかけやエピソードを書きます。
それが、現在のどんな関心と合致しているのか。そして、将来この企業で、何を目指したいのかをすべてその企業と関連させて書いて行きます。すると、トータルでの論理的な志望動機のベースが出来上がります。あくまでも目指すのは、論理的な説明です。

履歴書志望動機を書く時のNGワードとは?

履歴書の志望動機を書く際に避けなければならない点があります。
それは、漠然とした内容や気持ちだけを表現することです。採用担当者がどう感じるか考えて下さい。漠然とした志望動機なら、「別に我社でなくても良いのでは」と感じるはずです。気持ちだけの内容であれば「本当に大丈夫だろうか」と感じることでしょう。

~御社で勉強させていただきたく思います・やる気だけは誰にも負けません。最大限努力しますはNG!!~

では、履歴書志望動機のNGワードは実際どのようなものでしょうか。まずやってしまいがちなのは「御社で勉強させていただきたく思います」というものです。考えてみて下さい。会社は学校ではありません。本当に仕事をしたいのでしょうか。
次に「やる気だけは誰にも負けません。最大限努力します」というものです。我社の即戦力として、いったい何をしてくれるのか、さっぱりわかりません。むしろわざわざ説明しない違和感すら感じるのです。漠然とした内容や気持ちだけを表現することはNGなのです。

履歴書の志望動機には何を書くべきか

では履歴書の志望動機には、どんなフレーズを入れて行けば良いのでしょうか。まずは、その希望している企業の業界に対する価値観、どう感じているかを書きます。そして、とりわけその企業で何をしたいのかを書きます。加えて、自分のどんな経験や強みがそれを行なう助けになるかを論理的に説明するのです。この強みを関連させるところが大きなポイントになります。

~履歴書の志望動機には自分の強みをエピソードとともに紹介しよう!!~

履歴書の志望動機に自分の強みを関連させるなら、採用担当者はどうしても必要な人材と見てくれます。例えば、部活でマネージャーであったのなら、支える側としてどんな創意工夫をしていたか、その経験が会社を支えるどんな機転に結びつくと思うかを関連させます。また部活で会計を任されていたのであれば、どんな難しい会計状況を克服した経験があるか。その経験がどう活かせるか、関連させるのです。華々しい強みがなくとも、細かなエピソードがあれば、担当者は関心を払ってくれ、また会いたいと思っていただけるのです。

履歴書の志望動機を書く時に気を付けるポイントはNGワードを入れない・エピソードと共に自分の強みを話す

履歴書の志望動機は、採用不採用の大きな鍵になる重要な部分です。
大切なのは、論理的であることと具体的であることです。経歴から志望動機に至るまで、そのエピソードの細部に至るまでがしっかりつながるストーリーを具体的に描けるなら、それは満点なのです。そのためには、その企業の特徴を研究しておく必要があります。でも、そうした地道な努力が必ず最後に報われることを信じ、印象深い履歴書の志望動機を完成させましょう。