履歴書の応募動機の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/09/06更新

履歴書の応募動機の書き方とポイントについて

履歴書の応募動機の書き方とポイントについてご紹介します。
履歴書はおそらく多くの企業が提出を求める大事な書類です。
企業によって使用方法は様々ですが、選考に使われることは間違いありません。
採用担当者が一番知りたい項目であり、履歴書で重要となってくるのが応募動機、志望理由です。

応募動機は履歴書の中でも重要な項目

woman-752073_640
履歴書の応募動機は特に重要な項目です。
そのため、できるだけ採用担当者に好印象を持ってもらえるような書き方が必要です。
履歴書の応募動機の書き方がわからない時は、専門のサイトや就職相談の窓口、さらに就職セミナーなどで調べて書いていくようにしましょう。

~希望している仕事と企業の業務内容が近いという応募動機が多い~

応募動機は人それぞれです。
一般的に多いのが、自分が希望している仕事と応募する企業の業務内容が合っている、または近いということです。
自分が将来なりたい職業を見据えて学校で勉強してきた人も多いと思います。
その道を進んでいくために、その業界の企業に求人の応募をする人も多いでしょう。
今まで自分が学んできたことが実際に仕事で生かされれば、さらにスキルを上げていくことができるでしょう。

応募動機は自分の意欲をアピールする

今までの自分のスキルやキャリアを元に、さらにステップアップをするために、企業に貢献しながら自分も磨いていけるのが理想です。
履歴書に応募動機には自分の意欲が感じられるような文章を書いていくようにしましょう。

~自身の成長意欲が企業への貢献に繋がるような書き方がポイント!~

会社の発展に貢献でき、しかも自分も成長できることが、企業にとっても自分にとっても良いことに繋がっていきます。
履歴書の応募動機では、それをうまく伝えられる文章で簡潔にまとめるようにしましょう。
具体的な応募動機は、面接の時に必ず聞かれる質問です。
それまでに自分の考えをしっかりとまとめておき、面接ではしっかりと自己アピールができるようにしたいものです。
言うまでもありませんが、履歴書は丁寧にわかりやすく書くようにしましょう。

マニュアル通りの応募動機はNG!!

履歴書に書く応募動機はいろいろなマニュアルがあります。
しかし、どこにでも誰でもが使えそうな応募動機では採用担当者の目には止まりにくいかもしれません。
そのようなありきたりなマニュアルのような応募動機には気持ちが入っていないからです。

~自分が考えた言葉で書くことが絶対条件!~

気持ちのない履歴書や文章には、当然採用担当者の気持ちも動くはずがありません。
企業は働いている社員の目的が、企業の発展のために動いていくことが理想です。
そのため、当然採用担当者は企業に貢献してくれそうな人材を必要としていますし、選択をしていくでしょう。

履歴書の応募動機はわかりやすく相手に伝えるように書くこと!

履歴書には簡潔でわかりやすく、自分の意思が採用担当者に伝わるように応募動機を書くようにしましょう。
応募動機は人それぞれ違いますので、マニュアルに頼りすぎずに、必ず自分の言葉で書くようにしましょう。

仕事や企業に対する感じ方は人それぞれ違うものです。
自分が感じた通りに書いていくことが、一番真実であり、採用担当者にも伝わりやすいものです。

もし、履歴書や職務経歴書などの書類選考で不採用になっても、自分の気持ちや意欲がその企業に対してそこまで強くなかったということも現れかもしれません。
裏を返せば、自分が意欲的に取り組める仕事や企業が他にもあるということです。
気持ちを切り替えて、時には英気を養って、また就職活動に励んでいきましょう。