履歴書の書き方で採用担当者に好印象を与える3つのポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

履歴書の書き方で採用担当者に好印象を与える3つのポイント

履歴書の書き方で採用担当者に好印象を与える3つのポイントについてご紹介します。
履歴書は就活生なら誰しもが書くことになるものです。
企業によっては履歴書が書類選考の1つとされていたり、面接に利用されたりと、就活生にとっては選考を左右する重要な書類なのです。

履歴書の書き方1,丁寧で読みやすい字で文章を書く

document-428331_640
採用担当は履歴書の字の丁寧さというのをすごく見ているものです。
字の綺麗さはどれだけ頑張っても個人差があるものですから、そこまで気にしていない人も多いですか、丁寧で読みやすいというは文字間に気を遣ったり、
きちんと文字を配置したりすればだいぶ変わってくるものです。

~必ず下書きをすること!読み手の視点を持つことが重要~

誰だって、そういう細部までの配慮ができる人間と仕事したいと思うものです。
採用担当は履歴書の字の丁寧さ・読みやすさというのをすごく気にしているものなのです。
きちんと下書きして、それをきちんと丁寧に消していけば、誰でも読みやすくて丁寧が文字は書けるようになります。
ですから、採用担当にウケの履歴書を作ろうと思ったら、文章作りで満足しないで、書く際にもしっかり下書きして、時間をかけて記載するようにしていきましょう。

履歴書の書き方2,結論から記載すること

当たり前と言えば当たり前ですが、内容的に読みやすいというのも履歴書においては大切なことです。
文章を読んでいてもあまり頭に入ってこない履歴書よりも、ただ読んでいるだけで自然と文章が頭に入ってくる履歴書の方が印象が良いに決まっています。そうして採用担当に印象の良い、読みやすい内容の履歴書を記載するためには、文章は結論から書くようにしましょう。

~採用担当者が読みやすい文章作りを心掛けること~

結論をかいてその後で説明を書くと、自然とその後の説明部分の理解度が深まります。
そうして同じ内容の文章でも印象を濃くしていくことができるようになるのです。採用担当のウケを意識するのであれば、こうした文章の読みやすさというのも意識していってください。

履歴書の書き方3,内容は明瞭簡潔に!

採用担当が嫌がる履歴書として、文章がすごく長い履歴書が挙げられます。志望動機をダラダラダラダラ書きづつってもそれはマイナスにしかなりません。しかし逆に志望動機等をきちんと短い文章量で説得力のあるものに仕上げることができたら、それは目を引き、すごくウケの良い履歴書となるのです。

~短い文章量で説得力のある内容が理想~

それはもちろん減らしに減らして文章を極端に短くし、空白だらけにしろという意味ではありませんが、できるかぎり削れるところは削ると良いでしょう。
見た目的にも読みやすくてインパクトが出ますし、内容的にもびっしりつまって頭へ入りやすくなります。
採用担当のウケがいい履歴書を作るためには、できるかぎり文章を短くするというのもすごく大切です。

採用担当者の目を引く履歴書の特徴は読みやすく・結論から述べられている・簡潔明瞭な文章

以上、採用担当にウケの良い履歴書のポイントのご紹介でした。
履歴書で採用担当の印象を良くするというのはすごく重要なことです。
履歴書で採用担当の印象がなくなると、それは面接にも引きずられてきて、面接での受け答えがすごく感じよく受け取ってもらえるようになります。
逆に履歴書の印象がいまいちよくないと、面接でも厳しい質問をたくさんあびたりして、すごく面倒なことになります。
ですから、ここで紹介してきたポイントをきちんとおさえて履歴書の印象を高めていくというのはすごく重要なことなのです。
面接をやりやすくするためにも是非参考にしてみてください。