履歴書の書き方で自己PRをアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/01/08更新

履歴書の書き方で自己PRをアピールする方法

履歴書の書き方で重要な自己PRのポイントをご紹介します。
就活では、エントリーシートだけでなく、履歴書でも自己PRをしていく必要があります。
ここではその際の履歴書の書き方について紹介していきます。これらを参考に、適切に自己PRをしていき、印象アップにつなげていってください。

履歴書の書き方で自己PRをアピールする方法1,アルバイト歴を記載

office-941302_960_720
自己PRを交えた履歴書の書き方としてまず大切なことは、職歴にアルバイト歴を記載していくということです。
それを記載していくことにより、履歴書内でうまく自己PRをしていくことが可能になるのです。
まずはそのためのフリとして、学歴の下の職歴を書く欄にアルバイト歴を記載していくと良いでしょう。ただ、その際にはいくつかの注意点もあります。

●記載できるのは1年以上の経験と直接的に仕事と関係あるアルバイトのみ!

職歴に書く際には1年以上のアルバイト経歴があるか、あるいは直接的なアピールにつながるアルバイトしか記載することが出来ないということです。
それが基本的な履歴書の書き方のルールとなっていますから、きちんとそのルールにのっとっているアルバイトだけを記載するようにしていきましょう。
ですから長々と書けば良いというものではないのです。

履歴書の書き方で自己PRをアピールする方法2,経験から得た能力を志望動機に交ぜる

こうした履歴書の書き方にのっとってアルバイト歴を記載していったら、アルバイトで得た能力を志望動機に交えていきましょう。
そうすることで自己PRの信憑性がまし、上手く自己PRしながら履歴書を書くことが出来るようになります。
「そこで得た○○という能力を、その会社で特に活かせる」という理由を明確にしようとすると良い履歴書の書き方がしていけるでしょう。

●会社で活かせる能力をアピールすることで差別化を図る!

そうしてアルバイトで得た能力を、なぜその会社で特に活かせるのかという理由を明確にすることで、差別化を図ることが出来るようになるのです。
差別化を図るということは、履歴書においてとても大切なことです。自己PRにもなり、差別化もできるのですから、そういう履歴書が弱いはずもありません。ゆえにこういう履歴書の書き方をすることをお勧めするのです。

履歴書の書き方で自己PRをアピールする方法3,ESとは違う強みをアピールする

こうした履歴書の書き方で、自己PRを交えて履歴書を書いていく際には、1つ大きな注意点があります。
それが、エントリーシートと同じようなことをアピールしないように注意しようということです。
履歴書でエントリーシートと同じことを自己PRしていっても、大したアピールにはならないでしょう。

●アピールポイントのエピソードは出所の違うものを選ぶこと!

注意すべきはアピールポイントだけではありません。
エントリーシートでの自己PRで使ったアピールポイントの証明に使用したエピソードの出どころがアルバイトだった場合、履歴書でアピールするアルバイトの経験も、違うアルバイトの経験の方が良いです。なぜかというと、その場所でしか発揮されない能力と勘違いされる恐れもあるからです。
ですから、その点にも注意した履歴書の書き方をしていってください。

履歴書の書き方で自己PRする際は会社で活かせる能力をアピールすることで差別化を図る!

以上、自己PRを交えた履歴書の書き方のご紹介でした。
こうした履歴書の書き方で、上手く自己PRを絡めるようにすれば、自然ととても履歴書の印象が良くなります。
やはり就活で履歴書は重要ですから、少しでも印象が良いものを作れるようになっていってください。