履歴書の書き方で記入例を参考にする際のポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

履歴書の書き方で記入例を参考にする際のポイント

履歴書の書き方で記入例を参考にする際のポイントについてご紹介します。
履歴書を購入する際に付属してくる記入例、つまり履歴書の書き方の見本です。
この記入例を参考にして書けば、履歴書の大半は正しく書けるはずです。
記入例を参考にする際のポイントを押さえて、ケアレスミスのない履歴書を作成しましょう。

履歴書の書き方1,決まった書式を守ること

architecture-908131_640
履歴書を記入する際、大変役立つのが見本です。
用紙を購入すると、書き方の例が記載されている見本が同封されており、これを参考にすると大変便利です。
履歴書の書式を見ると、記入する項目は内容によって大きく3つに分類されます。
名前・住所・連絡先などと言った基本情報を記載する箇所、学歴・免許や資格と言った経歴を記載する箇所、志望の動機や自己PRを記載する箇所です。

●個人情報は記入例を参考にすることがポイント!~

この中でひとつ目の基本的なプロフィールについては、記入例の書き方を参考にすれば迷うこと無く記入できます。
またこの記入見本には、記入上の注意点も書かれています。
また写真についての注意点や、中には面接にあたってのアドバイスが書かれているものもあります。これらの情報も必ず目を通して、就職活動の参考にすると良いでしょう。

履歴書の書き方2,学歴は自己判断で記入

履歴書の学歴の書き方も、記入例を参考にすれば迷うことなく記載できます。
採用担当の方が必ず目を通す部分ですから、正しい書き方に気をつけたい箇所です。
この部分は、購入する履歴書の種類によって、記入例の書き方が異なる場合があります。

●購入する履歴書によって記入例に記載されている学歴の基準が違う!

履歴書によっては小学校が省かれている場合もあります。
学歴のみならず職歴を記入する欄でもありますので、場合によっては記入欄が足りなくなる場合もあります。
そのため、自己判断でどちらでも可能な範囲と考えられます。学歴の基本的な書き方として以下のポイントを参考にしてください。

・中学校までは卒業のみ記載
・高校以降は入学・卒業を記載
・職歴が無い場合にはスペースに余裕があるため、小学校の記載も可能(受験で入学した場合は記載も有効的)

履歴書の書き方3,Web上の例文を活用するのも手

履歴書の中で特に重要な箇所になるのが、志望の動機や自己PRの箇所です。
これらは各自に内容が違うため、例文の書き方を参考に自身で文を練る必要があります。
そのためには、より多くの例文を参考にすると書きやすいでしょう。

●自分が伝いたい内容に近い例文を参考に書いてみること!

自分の書きたい内容に近い例文を見つければ、文章力がなくても説得力のある書き方ができます。
限られたスペースで、興味を惹いてもらえる内容にするには、やはりより多くの例文に触れる事がポイントと言えます。
インターネットには、就職活動に役立つ情報が満載です。
履歴書の書き方、志望の動機・自己PRの書き方に関する情報もたくさんあります。
特に就職・転職サイトでは、参考になるアドバイスを見つけやすいので、積極的に活用しましょう。

履歴書に付属している記入例は書き方の参考にするべし!

このように履歴書に付属されている記入例の見本は大変役立ち、就職活動の強い味方と言えます。
履歴書を記入する前に必ず目を通してから、記載するようにしましょう。

履歴書の書式は、販売している会社によって多少の違いがあります。
また、同封されている記入例にも違いがあります。内容的には間違いのないものばかりですから、その点は心配ありません。
お店に行くと複数の用紙が販売されていますから、内容を見て自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
記入例を見ても書き方に迷う場合は、インターネットなどの就職・転職サイトを参考にしましょう。
履歴書は面接に繋ぐための大切な書類です。その書き方次第では、書類審査で通過しない可能性もありますので、細心の注意を払って記入することが必要です。