履歴書の書き方で資格を記載する際の注意点 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

履歴書の書き方で資格を記載する際の注意点

履歴書の書き方で資格を記載する際の注意点についてご紹介します。
履歴書の書き方で資格を記載する際には必ずルールがあります。
ですからルールを破った書き方をすると、せっかくの資格がマイナスな印象になりかねません。
履歴書に書ける資格というのをしっかりと把握しておきましょう。

履歴書の書き方1,ルールを守る

cc-library010010970
履歴書の書き方で必ず戸惑うのが、持っている資格をどのように書けばよいかという問題です。
履歴書の書き方にもルールがありますし、そのルールに則って資格を書かないと何が言いたいのか分からない煩雑な履歴書が出来上がってしまうことにもなります。

●記載できる資格を把握すること!

そのためまずは持っている資格を整理し、履歴書に記載するべきものとそうでないものに分けることから始める必要があります。
なんでもかんでも資格を書けば良いわけではありませんし、書いたほうがよいものを間違えて除外してしまうのも勿体ない話ですから、自分で資格を整理したうえで履歴書の作成に取り掛かるとよいでしょう。

履歴書の書き方2,実務に活かせる資格を記載

履歴書の書き方で資格に関する記載を行う場合、自分が受ける企業の業種や職種をます知る必要があります。
企業の業種を知らなければどのような企業なのかが分かりませんし、資格に関しても必要な資格、書くと有利な資格の判別も出来ないと言えます。

●まずは業種や職種の把握から!資格を取得した年の順に記載すること

そのためまずは履歴書の書き方よりも業種や職種の把握から始めなければいけません。
それが分かればおのずと必要な資格が何かわかりますので、その企業の面接や審査に有利な資格を取得した年の順に記載していくと良いでしょう。
取得時期が前後しないように注意することと、略名での記載はNGとなりますので資格は必ず正式名称で記入することに注意をしましょう。

必要無い資格は記載しなくても良い?

履歴書の書き方で資格を記載する場合、採用試験を受ける企業に必要ない資格は記載する必要がないのでしょうか。
基本的な履歴書の書き方においては、関係の無い資格は記載してもあまり意味が無いと言われています。

●関係ない資格は趣味や特技の欄に記載すること!

なにが企業の目に留まるか分かりませんから関係の無い資格であっても記載する意味が全くないわけではありません。
そのためもし記載するのであれば、趣味や特技といった欄にその資格を記載しておくとよいでしょう。
そうすることで企業の目にも留まる可能性が出てきますし、意外な資格が実は必要とされている資格だったと言うこともありますので、ある程度選別して記載しておくとよいでしょう。

履歴書の書き方で資格を記載する際は実務で使えるものだけを記載すること!

履歴書の書き方で資格を記載する場合、とにかく持っている資格を全て書くと言った履歴書の書き方ははっきりいってNGだと言えます。
誰にでも取れる様な資格は書いてもほぼ意味がありませんし、持ってる資格が全てその類の簡単な資格ばかりだと、むしろ書かないほうが良い場合もあります。
特に審査の厳しい企業の場合、簡単な資格ばかりだと努力が足りない、安易な道ばかり選んでいるという捉え方をする可能性もありますから、記載するのであればある程度取得が難しい資格を厳選して記載したほうが、企業に与える印象は良くなると言えるのではないでしょうか。