履歴書の書き方で重要なポイントとは | 新卒就活.com

2015/11/02更新

履歴書の書き方で重要なポイントとは

就職で採用を勝ち取るためには、書類審査に通過するのが第一段階です。
ここで突破しないと面接すら受けることができません。
そのため履歴書の書き方には細心の注意が必要です。
そこで、ここでは採用担当者の目に留まる履歴書の書き方をご紹介します。

履歴書の書き方で重要なポイント1,文字の書き方

abc-442013_640
書類審査ではたくさんの履歴書が送られてきます。そのためパッと見た印象も大切です。
文字の上手い人と下手な人では、上手い人の方が心象は良いものです。
特にクセ字の人は、その程度が酷い程に履歴書の全体のイメージが悪くなる場合があります。

~履歴書は見た目も重要!下手な字でも丁寧に書けばOK~

履歴書を書いたら、まずは全体の印象を確認しましょう。
もし美しく見えない場合は、少し文字の書き方を変える工夫も必要でしょう。
例えば文字が大きい人は、少し小さく書いてすっきりさせてみましょう。
右肩上がりの人は、真っ直ぐ書く練習をしてみましょう。
文字はペン字などの本を見て書いていると、意外と治すことができます。
下手な字でも丁寧に書くことで、見た目の印象は変えられます。

書類審査の判断は学歴や内容で判断されますが、乱雑な字では心象が悪いものです。
最低限気をつけるポイントとして、文字の書き方にも気を使い、見た目が美しい履歴書を目指しましょう。

履歴書の書き方で重要なポイント2,自己PRと志望動機には時間を割く

履歴書の中で採用担当者が注目するのは、自己PRや志望動機の部分です。
学歴や資格などは事実として動かしがたいものですが、自己PRや志望動機欄については、魅力的な書き方の工夫ができます。
短い文章で採用担当者の心を掴む内容にするには、下書きして文章を考えることが必須と言えます。

~人間関係に関する長所や将来性のある志望理由がポイント~

自己PRは、業務内容に関連した特技や長所を中心に、具体的な事例なども含めて記入しましょう。
会社はチームワークが重要です。またリーダーシップや気配りなど、人間関係に関する長所なども書きたい内容でしょう。
志望動機は、その会社や仕事にどれほど関心があるかが、はっきり分かる内容にしましょう。
またやりたいことや目標などを記入すれば、志望の動機として説得力があるでしょう。
こちらもより具体的な志望理由を書き添えれば、採用担当者の心を掴みやすいものです。

履歴書の書き方で重要なポイント3,書籍やネット情報を参考にする

履歴書の用紙には、書き方の見本が付いています。
学歴やプロフィールなどの書き方は、それを参考にすると良いでしょう。

~丸写しではなくあくまで参考!書き方のヒントを探そう~

履歴書の自己PRや志望動機の内容や書き方に迷った場合は、就職関連のネットサイトや書籍を参考にするとヒントが得られるでしょう。
自分の長所は意外と分からないものです。
自己アピールの事例などを参考にすれば、過去の出来事などを思い出し、すんなり書けるかもしれません。
自己PRや長所・短所は面接でも聞かれる質問ですので、就職情報を参考に眺めておくと今後の展開で参考になるでしょう。

~自分の言葉で文章にまとめること!~

志望動機も同様に、ネットや書籍の就職情報には参考になるものがたくさんあります。
自分では思いつかない素晴らしい志望動機の書き方も分かります。
それらを使って、自分なりの文章にまとめてみましょう。
書類審査に通らなければ、面接を受けることができません。
履歴書の記入には最大限の努力を費やしましょう。

履歴書は見た目も大事!志望動機や自己PRは具体的に書くこと!

目をひく履歴書は、見た印象も大切です。
文字は極力丁寧に書きすっきりまとめましょう。
自己PRや志望動機などの重要な部分は下書きの原稿を用意し、しっかりと書く内容を決めることが大切です。
見た目が良く、内容にも魅力がある履歴書を送れば採用担当者の目にとまりやすく、面接に進む可能性が高いでしょう。