履歴書の書き方で重要な志望の動機を魅力化するコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書の書き方で重要な志望の動機を魅力化するコツ

履歴書の書き方で重要な志望の動機を魅力化するコツをご紹介します。
履歴書の書き方で悩みどころなのが志望の動機です。
せっかくの自由欄なので魅力的に書きたいところです。
志望の動機を魅力的にするには3つのコツがあります。
履歴書の書き方におけるアピール術を学んで行きましょう。

履歴書の書き方における志望の動機1,企業目線で考える

cc-library010008398

履歴書の書き方において、志望の動機は自分を魅力付けするために自由に書き込める欄です。
そのため、そのほんの小さな記入欄でも、しっかりと「何を書くか」練ってから書き込むことが重要です。
ただ意欲の高さだけを書き連ねた履歴書の書き方をしてはいませんか?

●志望の動機を深掘りすることが重要!

履歴書の書き方はどの項目も当然手を抜いて書いてはいけません。
丁寧に、できる限り綺麗な字で書くことが必須です。
その上で、志望の動機を魅力的に書き込むことを忘れてはなりません。
まずは企業側の目線にたってみることからはじめましょう。「なぜ当社なのか?」という疑問を持ちながら履歴書を眺めてみましょう。
どんな目的を持って入社を希望するのか、伝わるような履歴書の書き方が必要ですよ。

履歴書の書き方における志望の動機2,キャリアプランを明確に

まずは「将来のキャリアビジョン」がしっかりと明確になっているか、という点です。
事細かに書きすぎないようにするのも注意しなくてはなりませんが、しっかりと目標設定をしている人材は、実は企業からしてみると「辞めにくい」印象を与えるのです。

●計画性の高さが辞めにくい印象を与える!!

計画性の高い人材は、しっかりとプランを立てて行動する印象を与えます。
例えば、いざ入社して「思っていた仕事と違かった……」となってしまっても、しっかりとキャリアプランを立てている人であれば、その程度の障害でくじけたり、放り投げたりはしないイメージを持たれます。
後先考えていないような履歴書の書き方をしないように注意しましょう。

履歴書の書き方における志望の動機3,企業とのマッチングを図る

次の対策として、企業とのマッチングを考えてみましょう。
自分をアピールするからといって、自分よがりな志望の動機になってしまってはいませんか?
先述のとおり、履歴書は企業の採用担当の目線を持って作成していかなくてはなりません。
そのためにも、企業研究はしっかりと行っておくようにしましょう。

●企業が求める人物像と自分の要素がマッチングしているか確認すること!

企業研究をする上で押さえておきたいのが、その応募企業の「特徴」と「姿勢」です。
どういった分野に秀でている企業なのか。どんな姿勢で会社を運営しているのかを自分なりで構わないので汲み取ってみることです。
その上で、自分の能力や特性の中から、『企業の求めるもの』とマッチしている要素を探し出し、志望の動機とするようにしましょう。

履歴書の書き方で重要な志望の動機は自分よがりにならないよう注意!

履歴書の書き方における志望の動機についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
志望の動機を書く上でなによりも注意したいのが、「自分よがりな書き方」になっていないか、という点です。
採用側から見て魅力的だと感じる履歴書の書き方をするには、読み手の気持ちになって書くようにしましょう。