履歴書の書き方のポイント【志望動機編】 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

履歴書の書き方のポイント【志望動機編】

履歴書の書き方で重要な志望動機についてご説明いたします。
履歴書で最も重要な志望動機。まさに選考を左右されかねないような重要なポイントですし、採用担当者が最も知りたい部分とも言えます。
ここでは履歴書で重要な志望動機の書き方についてご紹介します。

履歴書の書き方1,志望動機は結論から始める

GREEN_enpitu-thumb-815xauto-18634

受かる履歴書の書き方としてまず最初に紹介できるのは、志望動機は結論から書くようにしようと言うことです。
いきなりダラダラと志望動機を書き連ねて、最後の最後に「だから私はここを魅力に思い、貴社に入社したいと思うようになりました。」とだけ書いても、それまでの事をもう一度読み返さないと理解できなくなり、非常に読みづらい履歴書となってしまいます。
そうして読みにくい履歴書の書き方をしていると、それだけで自然と印象が悪くなってしまうものです。

~読みにくい履歴書はマナー違反~

しかしそこを「私が貴社を志望している理由は○○です。その理由として〜」と書きだすと、読みやすさが段違いとなるのです。
読みやすくなると志望動機がすごく強い志望動機にみえてくるということもありますし、志望動機は結論から書くようにしてください。
大勢の志願者の履歴書を見る採用担当者ですから、分かりやすくて読みやすい履歴書は好印象を持ちますし、逆に読みずらいと読む気さえ失せてしまいます。

履歴書の書き方2,他社と差別化した志望動機

また、他の企業との差別化を図るということも、受かる履歴書の書き方としてはすごく大切なことです。
志望動機をチェックする際に必ずと言っていいほど見られるのが、「何故この会社でなければならないのか」ということを説明できているかどうかです。
その部分がなければどんな志望動機であっても「それなら他の会社でも良いよね」ということになり、志望動機がすごく弱くなってしまいます。

~なぜ志望するのか明確にした書き方~

逆に言えばそこをチェックすれば志望度が分かるわけですから、採用担当は必ずそこを見るのです。
ですから、受かる履歴書の書き方として、そのように志望動機に他社との差別化を織り込むことをオススメしているのです。
なぜこの会社でなければだめなのか、それを志望動機で説明してあげてください。

履歴書の書き方3,志望動機に将来のビジョンを盛り込む!

受かる履歴書の書き方として言えることはまだあります。
それが、将来的なビジョンを志望動機に盛り込むということです。
将来的なビジョンが入っていると、その会社への熱意が伝わります。
ずっとそこで働きたいと思っているなら誰でも将来そこでどんなことがしたいかを想像するものですよね。
相手もそれを知っているから、将来的なビジョンが志望動機に盛り込まれていると、魅力的に感じるものなのです。

~将来のキャリアプランを明確に書き表すこと!!~

3年後5年後10年後、そこでどんなことがしたいかということ、そしてそれがなぜここで実現できると思ったのかということを説明してあげてください。
企業はどこでもキャリアビジョンがしっかり描けている、将来的にずっとそこにいてくれそうな人を採用したいと思うものです。
だからこそ、受かる履歴書の書き方として、ここもは外せないポイントとなるのです。

履歴書の書き方で一番大切なのは志望動機

受かる履歴書の書き方としては、以上の通りになります。
ここまでに紹介してきた受かる履歴書の書き方をまとめると、志望動機は

「私が貴社を志望している理由は他社と比べて○○で優れているということと、将来的に取り組みたい事業が実現できるからということがあります。
貴社は他社と比べて明らかに○○の点で優れていて、その点でまず他社に入社したいと思えませんでした。
さらに、貴社は現状○○の事業に取り組んでいらっしゃいますし、説明会やOB訪問で、貴社が将来的に□□に取り組みたいと考えているということを聞き、貴社でなら私が目標としている【3年後に○○、10年後には□□に取り組みたい】ということを実現できると確信しました。
それゆえに私は貴社への入社を志望しています。」

というように書くということになります。
就活は志望動機で勝負が決まると言っても過言ではないので、是非参考にしてみてください。