履歴書の書き方をおさえて選考を突破する方法 | 新卒就活.com

2015/11/02更新

履歴書の書き方をおさえて選考を突破する方法

履歴書の書き方をおさえて選考を突破する方法を紹介します。
履歴書には、いくつか選考に通りやすくするためのポイントがあります。
このポイントをしっかり抑えるのと、気にしないのでは、面接にいける確率が大きく変わってくるでしょう。
どんなポイントに気をつければ選考に通りやすい履歴書が出来るでしょうか。

履歴書の書き方で選考に重要なポイント1,読みやすい文字

colored-pencils-865773_640
まず、すごく基本的なポイントから紹介していきます。
ごくごく初歩的なことではありますが、履歴書に書く字の大きさや綺麗さなどに気をつけて、読みやすい字で書かれた履歴書というのは、選考に通りやすいです。
というのも、相手は一日に何百通もの選考書類を確認するのですから、読みやすくない履歴書というのはその時点で大幅に減点されるのです。

●文字の大きさを揃えてゴシック体に近いフォントで書くこと

逆に読みやすい字の履歴書であれば、こちらの配慮が伝わり、とても印象は良くなります。
ではどうすれば読みやすい字が書けるかと言いますと、上下左右の文字の大きさを揃えるようにして、なるべくゴシック体に近いフォントで書くようにすると、字が下手な人でも読みやすい履歴書の文字が書けるようになるでしょう。
選考に通る履歴書を書こうと思ったら、まずはその点に気をつけて見てください。

履歴書の書き方で選考に重要なポイント2,箇条書きを利用する

志望動機やちょっとした自己アピールなどの、文章が長くなりがちなところでは、箇条書きを利用すると、とても魅力的な履歴書になります。
箇条書きで言いたいポイントを目立たせることにより、よりそのアピールしたいところの印象が強くなりますし、そうして文体に工夫を加えることで、読みやすさが倍増して、読みやすい履歴書にもなります。
先でものべたように、読みやすい履歴書というのはそれだけで選考に通りやすくなりますから、このポイントは二重の意味で力を発揮してくれるでしょう。

●箇条書きでアピールした部分を目立たせることが可能!

実際の使い方としては、「私が貴社を志望するのは以下の2点の理由からです。」などと書いて、箇条書きで2点ポイントを書き、その下にそれに関する説明をするというようなスタイルを用いると良いでしょう。
2点以上のポイントがないと、この箇条書きは使えません。
選考に通りやすい履歴書が書きたければ、志望動機などでは2点以上のポイントを用意しましょう。

履歴書の書き方で選考に重要なポイント3,一文を50字程度に抑える

選考に通りやすい履歴書のポイントとして、文章自体の読みやすさというのも大きなポイントになってきます。
だらだら一文が長い文章は、読みにくい文章とされてすごく印象が悪くなる傾向になります。
したがって、読みやすくて選考にとおりやすい履歴書を書きたいと思ったら、一文一文の文章の長さを50字程度にまとめると良いでしょう。

●50字程度であればスラスラと読み進められて内容も頭に入りやすい

すらすら読めるとそれだけ内容も頭に入ってくるというものです。
文章力をアピールしようとする文章よりも、そうして読みやすさに考慮した文章の方がよほど履歴書という舞台では印象がよく、選考に通りやすくなります。ぜひその点にも気をつけてみてください。

履歴書の書き方で選考に重要なポイントは読みやすさ!簡潔且つシンプル一番!

以上、選考に通りやすい履歴書のポイントのご紹介でした。
ここまで読んでいただいてお分かりかもしれませんが、選考に通りやすい履歴書とそうでない履歴書の差は本当に微々たるものです。
ですが、こうしたちょっとしたことで大きな差がつくのが履歴書なので、ぜひこれらのポイントを抑えた選考に通りやすい履歴書を作っていってください。