履歴書の職務経歴を書く際のポイント | 新卒就活.com

2016/09/13更新

履歴書の職務経歴を書く際のポイント

履歴書の職務経歴を書く際のポイントについてご紹介します。
履歴書は新卒でも第二新卒でも中途採用でも、就職試験を受ける際には必ず必要になります。
とくに第二新卒の場合は、就業期間が半年未満だったりすると記載するかどうか迷ってしまうと思います。
履歴書に書く職務経歴についてここで学んできましょう。

履歴書における職務履歴の重要性とは

notepad-925996_640
履歴書を書く場合、その中に職務経歴を記載する欄が設けられてる場合があります。
その場合、今まで経験した職務経歴を正確に記載する必要があるわけです。
この履歴書の職務経歴の書き方一つで、企業へ与える印象も大きく変えることが可能になります。

●ただ情報を記載するわけではなく自己アピールを盛り込むこと!

基本的に職務経歴で記載することは、勤務したのがいつからいつまでなのか、どういった企業へ勤務していたのか、そこでの担当業務や仕事内容は何だったのかを職歴の順に記載していくことになります。
その記載する情報の中にアピールできる情報を盛り込むか否かで、その職務経歴が企業の興味をひくものになるかどうかが決まると言っても良いでしょう。

履歴書における職務履歴の書き方1,情報の羅列はNG!

履歴書に記載する職務経歴の中に、アピールできるものを盛り込むことはとても重要な作業だと言えます。
履歴書の職務経歴はただの職歴だと考えているのであればそれは多いな間違いで、企業はその職歴の中からその人の能力や今までの職歴で成してきた実績なども読み取っていると言えます。

●仕事における成果や実績・取得した資格などを必ず盛り込むこと!

そのためただ職務経歴を書き連ねただけでは企業へ何もアピールできません。
その担当した仕事での成果や実績、職歴の中で取得した資格などを盛り込むことで、単なる職務経歴が魅力的なアピールポイントへと変化すると言えるでしょう。そのため、職歴の中に必ず成果や実績を盛り込むことが必須条件だと言えます。

履歴書における職務履歴の書き方2,アルバイトも立派な職歴!

履歴書の職務経歴を書く場合、新卒者には職歴なんかないから関係ないと考える人も多いのではないでしょうか。
しかし新卒者の場合でも、1年以上のアルバイトの経験は立派な職務経歴と言えます。
その場合には履歴書にアルバイトの職務経歴を記載することで企業にアピールすることが可能になります。

●アルバイトでの実績や勤続年数は立派なアピールポイント!

アルバイトでも中には成果を上げて実績を残している場合もありますし、資格をアルバイト中に取得していることも考えられます。
実績などが無い場合でも、長く一つのアルバイトを続けていたということは、企業に就職した場合でも簡単には辞めない人材だというアピールに繋がります。

履歴書の職務経歴は正確に記載すること!省略は虚偽になるので注意!

履歴書に職務経歴を記載する場合に注意しなければいけないのが、職務経歴は正確に正しく記載しなければならないと言うことです。
転職などが多い場合、その転職歴が審査でのマイナスになるのではと考え、職歴を減らして記載する人もいるようです。

その場合職歴と職歴の間に不自然な期間が開くことになり、そこを追及されてしまうことも考えられますので必ず正確な職歴を履歴書に記載する必要があります。
省略=虚偽の記載となる場合もありますので、どんなに短い職歴でも正しく記載することが職務経歴を書くうえで最も重要なことだと言えます。